掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年05月22日

矛盾だらけ

HOME社会 > この記事

7月の洞爺湖サミットを控えて、日本は環境問題で先導に立つように諸外国から期待されている。
CO2削減のためにどうすればよいかというと、これまでの利便性を棄てるしかないことは明白。

でも、誰もそれを率先して実行をしない。
それは、やはり一度味わった利便性を手放したくはないからだ。

全世界のなかでは、東京都が最も環境意識が低いという調査結果が出た。



これは東京がというよりは日本がといったほうが正しいだろう。


CO2削減に有効な方法はいろいろな手段が考えられているが、わかっているのに誰も言わないことがある。

それは「クルマ」だ。

燃費のよい自動車、ハイブリッドカーに注目が集められているが、それでもCO2を排出する。

なぜ、CO2を大量に排出する「クルマ」を敵視しないかというと、日本の経済を支えているからだ。もし、クルマに乗るのを止めましょうと全員が行動すると、自動車製造産業、アフターパーツ、町の整備工場、道路整備事業、自動車保険、運送業などの関連産業は衰退し、失業者が大量に発生する。

既に日本の自動車市場は飽和状態で売上は減少していて、国内メーカーは外国市場がメインステージとなっている。
なので、経済学者も政治家も「クルマ」を売るのは止めろとは言わない。

注目を浴びる排出権取引は、CO2削減のための施策というよりも投機目的となり形骸化してしまって意味のないものになってしまった。

こうして、環境問題はホントは何をしなければならないかわかっているけれど、投機的、経済的な思惑が絡んで今後も進展しない。
利便性を維持したまま環境保全をどこまでできるかというのが今後の進め方になるのかも。それじゃ解決しないとは思うけどね。


自分もクルマを所有しているけれど、今後も所有しつづけるかというとたぶんNO。

ガソリン代も上がっていることだしね。

必要なときだけ借りるレンタカーのほうが、経済的にもいいし、環境的にもいいのはわかっているんだけどね。
なかなか手放せないですな。

あぁ矛盾だらけ。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
武田 邦彦
洋泉社
売り上げランキング: 652
おすすめ度の平均: 4.0
5 環境問題を論じるなら必読
5 環境問題の嘘はどこから始まったのでしょうか。
4 プロパガンダに惑わされないために読むべき本
3 面白いけど飛躍が多いのが残念
3 問題提起としては良い。









ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 矛盾だらけ
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。