掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年03月14日

既に普及しているアマルガムのほうが問題

HOME健康 > この記事

鉛を含んだ義歯も問題だけど、歯の詰め物として使われていたアマルガムに含まれる水銀のほうがもっと問題。

中国義歯から鉛「安全に問題」

アマルガムは数年くらい前までは普通に使われていた歯の修復材料。

このアマルガムには水銀が含まれており、溶出した場合の人体への影響が大きいとされる。

普通に使われていたので、数年前までに歯の治療で詰め物をした人には、高い確率で使われているといってよい。

第二の薬害エイズ、C型肝炎問題となる可能性がある。

対象となる人は薬害エイズ、C型肝炎の被害者の比ではない。
国(厚生省)は現状では見てみないふりをしているといってよいのではないか。




口の中に潜む恐怖―アマルガム水銀中毒からの生還
ダニー スタインバーグ Danny Steinberg 山田 純
マキノ出版 (2002/06)
売り上げランキング: 159207
おすすめ度の平均: 4.5
5 慢性水銀中毒の恐怖
4 私の読書メモ






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 はてなブックマーク - 既に普及しているアマルガムのほうが問題
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。