掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年03月06日

プリンタ インクカートリッジの廃棄・回収はどうすればいいの?

HOMEパソコン > この記事




プリンタのインクが切れて、新しいのに取り替えたのだけれど、以前はヨドバシカメラやビックカメラに行ったついでに回収箱に持って行ってた。

でも数か月前から、地元店舗では回収箱を設置しなくなってしまった。

ということで、ざっと調べてみた。

hpのサイトによれば、hpのインクカートリッジの廃棄・回収方法は、次のとおり。
HP プリンタサプライ&オプション
ご使用済みカートリッジ等の廃棄について


・自治体の場合、「不燃ごみ」「不燃物」「燃えないごみ」として廃棄すればよいようだ。
・店舗の回収ボックスにて回収。

hpの回収ボックスで回収した場合、回収されたインクカートリッジは分解・再資源化されるが、自治体にゴミとして廃棄した場合は、分解・再資源化されるかは不明解だ。

インクカートリッジには、希少金属(レアメタル)が含まれている。これを再利用せずに埋め立て廃棄などされてしまうのは、宝の持ち腐れである。

希少金属は文字通り「希少価値」があり、産出金属については世界各国で奪い合いが起こっている。

日本は資源の少ない国であるが、希少金属は携帯電話、TV、インクカートリッジ、パソコンに含まれている。
日本は希少金属の産出国ではないが、希少金属をたくさん保有する国でもある。

数年前から廃棄電化製品から希少金属を取り出してリサイクルする試みは活発化している。

廃棄される電化製品から希少金属を取り出すビジネスもある。
携帯電話の場合、白ロムとして買い取ってくれるところもある。

自治体に廃棄すると、再資源化してくれるかまではわからない。

従って、小売店舗に設置されたメーカーのカートリッジ回収箱にて回収してもらうのが望ましい。



でも、上に書いたように、商品を売ってるのに回収箱を置いてない店舗もあるんだよね〜

3/7 追記:
地元のヨドバシカメラには、各社共通のインクカートリッジ回収BOXがありました。



各企業のインクカートリッジ回収についての取り組みは次の通り。



レアメタル資源争奪戦―ハイテク日本の生命線を守れ! (B&Tブックス)
中村 繁夫
日刊工業新聞社 (2007/03)
売り上げランキング: 44842
おすすめ度の平均: 4.5
4 社会科好きな大人の皆さんにお勧めする時事問題の“お勉強本”
5 必携のレアメタル解説書
5 日本産業界の将来は?








ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン はてなブックマーク - プリンタ インクカートリッジの廃棄・回収はどうすればいいの?
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。