掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月20日

18世紀のインディア・ペールエール

HOME食べる・飲む > この記事

18世紀のインディア・ペール

東京ブラックと一緒にポチッと注文したのが「18世紀のインディア・ペールエール」。


ペールエールということでホップの含有量が普通のビールよりも多く、苦味があるのが特徴。

18世紀に英国からインドにビールを運ぶ際、品質劣化を防ぐ保存料の役割としてホップを多めに入れたことで偶然できたのがインディア・ペールエールだそうです。

18世紀のインディア・ペールエール

苦味とさわやかさが同居して、うまいんだけどね。
限定醸造で在庫限りの販売。

自分が買ったときはまだあったんだけど、いま見ると楽天市場ではもう売り切れになってるみたいです。



■限定醸造「18世紀のインディア・ペールエール」4缶 よなよなの里





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 10:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べる・飲む はてなブックマーク - 18世紀のインディア・ペールエール
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
むむ、インディア・ペールエールも購入とは!!

いーんだもん、酒にも異性にも、
さわやかさは求めていない私ですから♪

あ〜負け惜しみなのがすけすけのみえみえですから〜(泣)
Posted by ぷよメンコ at 2008年02月20日 19:45
苦味とさわやかな味のハーモニーがうまかったですよ〜♪

実は、東京ブラックとインディア・ペールエールのほかに、あと2種類買ったのです(爆)
Posted by しん at 2008年02月20日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。