掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月14日

分析

HOME社会 > この記事

精神科医の言うことだから、すべて正しいとは限らない。

部下や妻がキレたら…精神科医・香山リカがアドバイス 夕刊フジ ZAKZAK

言っていることはわかる。

「イライラ」の原因には「年がいのない大人」の増加、「権利意識の極端な高まり」で、「泣き寝入り」せず、「勝ち負けや白黒をはっきりつける新自由主義の台頭」などがあげられるという。

ただ、何人ものキレる大人を見かけ、遭遇してきた自分から言わせると、このブログで何度も書いてきているように、キレる理由は「自らの惨めなコンプレックスの一時的な解消」でしかない。

チンピラがつける言いがかり、因縁と何ら変わりはない。

「今は変に自己主張が大事で、『朝生』みたいに声の大きい人が勝つ、みたいなところがありますが、それは賢いコミュニケーションではなく、歯止めをかけないといけない」と香山さん。

たしかに大きな声を出して威嚇し、相手の反撃を封じるというのは使い古された手ではあるが、オフィスなどで顔を真っ赤にして怒鳴る上司というのは、大抵は自分の非を指摘されてまともに言い返せないから、「誤魔化し」を行うために逆ギレをしているだけ。

いるでしょう、あなたの周りにも。
どうでもいいような、とるに足りない些細なことを如何にも高圧で高飛車で踏ん反り返ったような態度で発言する「惨めな人」が。

相手に冷静にツッコミを入れるとさらに逆上するから始末に負えませんな。

所詮、キレる大人というのは、どうなだめたって、キレるんですよ。
コンプレックスの塊だから。



関連記事:
日本国民総ヤクザ化


キレる大人はなぜ増えた (朝日新書 90)
香山 リカ
朝日新聞社 (2008/01/11)
売り上げランキング: 1772
おすすめ度の平均: 4.0
3 格好悪いからキレるのはやめましょう、では...
4 読みやすい、分りやすい、引用が多い
5 あらゆるところで見かけます






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 分析
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。