掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月13日

道連れ

HOME社会 > この記事

「道連れ」とはどういうことだろう。

「母親だけ連れていくつもりだった。でも、どうしても皆を残しては…。自分が情けない。みんなを守れなかった」

無理心中 東京・足立で 〜時事通信

死にたきゃ自分だけで死ねとは言わないけど、「生きているだけで丸儲け」という言葉もあるとおり、なんとかならなかったのか。

生き抜くやり方はいくらでもあるわけで、自分のいま頭の中にあるだけの考えの範囲で決めてしまうと、行動も限定されてしまう。

以前、京都の老舗呉服店が現在でも経営を続けられている理由は、「変わらず続けていくためには、変わっていくことだ」と述べていたのが印象に残っている。

言い換えると、

  「生き残るためには、変化を受容すること」


これしかない。



悲惨な事件というよりも、そんなことを考えさせられる事件だった。




こんな人と組織が生き残る―仕事楽しくしてますか?
大久保 寛司
中央公論新社 (2006/04)
売り上げランキング: 140703
おすすめ度の平均: 4.0
4 やれないのではなくやらないのだ
4 人生をムダに...とまで思いませんが






タグ:道連れ



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 道連れ
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。