掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月04日

2008年の「サクラ」音楽はなに?

HOME音楽・CD > この記事

桜坂

2月になったので、そろそろ「サクラ」を題材にした曲が今年も出てきそう。

ここ8年の「さくら」曲。

2000年 福山雅治 桜坂

2003年 森山直太朗 さくら(独唱)

2003年 河口恭吾 桜

2005年 ケツメイシ さくら

2007年 Metis 梅は咲いたか 桜はまだかいな


ちょっと古いとこんな感じ。

1976年 キャンディーズ 春一番

1981年 矢野顕子 春咲小紅


もっと古いと、
1900年 滝廉太郎 荒城の月


他にもあるけど、割愛。
つか、ぱっと思い出せん(笑)



やはり、日本人と桜は切っても切れないもの。
「貴様と俺とは同期の桜」と謳われたように、なにかの節目や、出会いと別れの場面に桜は登場するのです。。

そして、春が来てサクラが咲いているのを見ると、
以前は

  「なんてきれいなんだろう」

と感激していたのが、歳を重ねるごとに

  「あぁ、自分はあと何回、この桜を見れるんだろう…」

と感慨にふけってしまうのであります。




日本人の血が流れているのを実感。。



『桜』を題材にした曲のオムニバス盤
桜100%
桜100%
posted with amazlet on 08.02.04
オムニバス(クラシック) 東京レディース・シンガーズ ベルリン室内管弦楽団 米良美一 ベイカー(ジュリアス) 日本フィルハーモニー交響楽団 ホリガー(ウルスラ) 五十嵐宏治 夢乃あつし ルツェルン祝祭弦楽合奏団
キング (2007/02/07)
売り上げランキング: 4402







ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・CD はてなブックマーク - 2008年の「サクラ」音楽はなに?
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。