掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月03日

個人ブログでプレゼントキャンペーンって

HOMEインターネット > この記事

個人ブログでプレゼントキャンペーンなる企画を目にすることがよくあり、また実際利用させていただくことがある。

利用する基準としては、

・実際に対面して会話したことがあり、その人なりを知っていて信頼できること。
・実際に対面して会話したことがあり、名刺、アドレス等の交換がなされていること。
・今後も継続的な交流が見込めること。

個人情報保護法令には「5,000人を超える個人情報を事業に利用する事業者で、個人情報保護法の義務を負います。」とあるので、個人ブログを運営する一個人が個人情報保護法の義務を負う必要はない。しかしながら、個人情報を悪用した犯罪が多発している現在においては、一定レベル以上の警戒をせざるを得ない。

個人ブログのプレゼント企画といえども、供与した個人情報がどう扱われるか、不明確な点が多いからである。


と、こう思ったのは以前、個人ブログでプレゼント企画を実施している者と実際に会話したところ、その人の人格を疑う点があったからである。
その個人ブログのプレゼント企画には応募したことはないが、もし応募していたらあらゆる不安に脅え、対策をとる必要があったことだろう。応募しなくて良かったと思う次第だ。



※本記事は、個人ブログでプレゼント企画を実施しているすべての個人を批判するものではないのであしからずご承知おきください。





これだけは知っておきたい個人情報保護
岡村 久道 鈴木 正朝
日本経済新聞社 (2005/01)
売り上げランキング: 34434
おすすめ度の平均: 4.5
1 文句のつけようがないのだが…
4 行政書士試験の教養科目の一つ(個人情報保護)の学習にも使えます
4 持ち運びのしやすさが○







ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 14:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | インターネット はてなブックマーク - 個人ブログでプレゼントキャンペーンって
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
個人情報の事に関しては、激しく敏感になります(^^;
自分も個人サイト・ブログでのキャンペーンへの応募判断基準は
しんさんと同じ考えです。

では、自分のサイトやブログで何か企画をやる?
というのを考えたことがあったのですが、自分自身に問いかけた
答えは

「NO」

になっています。(^^;

なので、応募のほうも意識的に控えています。
Posted by 千夏 at 2008年02月03日 18:16
どちらかというと、現在は企業の企画よりも個人の企画のほうが危険度は高いと思う。

企業の場合でも、名の通った大手企業も100%の安心はできないですね。聞いたことないような企業なら論外。
Posted by しん at 2008年02月03日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。