掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年02月02日

「あらたにす」は何を新たにするのか

HOME社会 > この記事

日経新聞、朝日新聞、読売新聞の3誌の記事が比較して読めるというサイトが先日オープンしたのだけれど、ただのマッシュアップサイトだったというオチですか。



マッシュアップ(mash up)とは簡単に言うと、既にあるものを組み合わせて何かを作ること。組み合わせて新しいサービスなり仕組みを作ることができるのだけど、現段階のコンテンツではただのリンク集でしかないような。

記事が比較して見れるというから、Web上で新聞記事のビューアみたいなものが起動して記事が読めるのかと思いきや、3誌の公式サイトへの該当記事へのリンクがあるのみ。

試みとしては面白いけど、仕掛けとしては面白くないなぁ。
APIがあれば自分でもサクッと作れちゃうレベルです。。

新聞の購買者数が減少している新聞社の、新たな収益手段の獲得とする目的があり、企業からの広告収入と、読者が3誌を読み比べて同じネタをそれぞれがどんな記事を書いているのかを知り、詳しく読みたいと思った人が実際に紙面を手に取るようにしたいのだとは思うのだけどね。


「読者が3誌を読み比べて同じネタをそれぞれがどんな記事を書いているのかを知る」→「詳しく読みたいと思った人が実際に紙面を手に取る」というアクションを取る人が実際にどれだけいるかは、蓋を開けてみなけりゃわからない。

それは、ネットユーザなんかは「ニュースはポータルサイトのニュース速報か、新聞社の公式Webサイトとテレビ見るだけでいいじゃん」という層が圧倒的に多いだろうと思うのがその理由。

新聞社の公式Webサイトには、紙面に掲載されている記事がすべて掲載されているわけではないので、紙面でないと読めないような記事もこのサイトでは読めればいいのだけど。

このサイトを見て、忙しい現代の人が時間を割いてまで紙面を読みたいと思う層を増やすのは、いまの「あらたにす」の仕掛けでは至難の業のような。

このサイトに、もうひと工夫が欲しい。






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 「あらたにす」は何を新たにするのか
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。