掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年12月12日

舛添おまえもか

HOME社会 > この記事

いろんな人が指摘してるので、あらためて言うまでもないけど、
もっと言い方があっただろうに。

残念だ。



PR:All About[年金]
もともと、来年3月末で終わらせるのは無理なのは一部の人たちにはわかっていたこと。

しかし、厚労相も官房長官も、あの開き直りとしかとれない言い草はないだろう。

政治家は誰がなっても変わらない、ということでファイナル・アンサー。


関連記事:
年金納付記録問題、ベンダーは無償で対応せよ



年金問題の正しい考え方―福祉国家は持続可能か (中公新書 1901)
盛山 和夫
中央公論新社 (2007/06)
売り上げランキング: 11085
おすすめ度の平均: 4.0
5 ま、社保庁の仕事振りに腹が立つのは、誰しもなんですが…
1 年金は確実にもらえます!という本
5 大筋賛成






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 舛添おまえもか
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。