掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年11月12日

時差ボケがおさまりません orz

HOMEつぶやき > この記事

ニューヨークから帰国した日はどうもなかったのに、2〜3日経ってから時差ボケが激しくなってなおらんとです。

昼間に眠気に襲われたり、深夜浅い眠りで何度も目が覚めたり。。

体調崩し気味なのだ。

昼間に眠るのがよくないのか。
無理にでも起きてりゃなんとかなるかな。

ググるといろいろでてきた。

太陽光に当たって体内時計を戻したほうがいいとか、
眠らないために朝から重量級の食事とるために肉食え!肉!!とか。。。


日本からニューヨークに行ったときは時差ボケは感じなかったんだけどねぇ。
ちょっと興奮気味で寝ずに遊んでた感じなので。


眠いような眠くないようなそんな感じの毎日。



時差ボケ完全克服法
時差ボケ完全克服法
posted with amazlet on 07.11.12
チャールス・F. エレット リン・W. スキャンロン 木村 武司
講談社 (1987/08)







ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 12:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき はてなブックマーク - 時差ボケがおさまりません orz
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
肉。

寒さ対策にも、時差ボケにも。

木曜あたり雪の予報だし、
しゃーない、
や、ほんとしょうがなくなんだけど、
食べよっかな、肉♪
Posted by ぷよメンコ at 2007年11月12日 20:48
蝦夷地だと肉はやっぱりジンギスカンですか☆

アメリカあたりでパワーランチなんてのが流行したのはエネルギーを充分充填して眠気を防止して、いいアイデア・いい仕事をするためなのかなと思ったり。
Posted by しん at 2007年11月12日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。