掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年10月14日

書評「脳が冴える15の習慣」

HOME書籍 > この記事

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める」を読了。


この本は、なんとなく頭がすっきりしない、意欲がでてこない、集中力がでてこない、良いアイデアが浮かばない、といった症状があるときに、ではどうすれば改善していくことができるかを解説した書。

医学博士が脳の科学的な動きを解説しながら、脳にとって良い習慣とは何かを述べている。

誰でも実践できる15の習慣を示しているわけだが、数日前に読んだ「アイデアのつくり方」に通じた内容のものもある。

つまり、よい考えを浮かばせるために必要なことは基本的には変わらないということだ。

自分が既に実践している習慣もあったが、実践されていない習慣もあった。その習慣を実践するべき理由を読んでみると、なるほどその部分については、自分にとっては不十分ないし未熟であると痛感させられた。


さらりと読んでしまったが、再度読み返して習慣付けができるようにしていきたい。


脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
築山 節
日本放送出版協会 (2006/11)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 5.0
5 しっかりした本です!
4 脳の理想状況を知ることの重要性を説いている
5 怠け者の脳をいかに活性化させるか







ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - 書評「脳が冴える15の習慣」
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。