掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年10月09日

チェ・ゲバラ没後40年

HOME社会 > この記事

チェ・ゲバラ伝

キューバ革命を成功させたとして有名な「チェ・ゲバラ」の没後40年を記念して、キューバでは記念式典が行われた。



「チェ・ゲバラ」はいまでもTシャツのデザインなどにもなっていて、一部の人たちには英雄的存在。
特に全共闘世代には共鳴するものがあるらしい。


数年前に、「モーターサイクル・ダイアリーズ」という、チェ・ゲバラが革命家になる以前の青年期を描いたロードムービーを観た。

この作品はゲバラ自身の回想記をもとに、ブエノスアイレスから南米チリのベネズエラまでの数千キロを バイクと徒歩で旅をする、という内容。

この作品で感嘆したことは、ゲバラはただあてのない旅をしていたわけではなく、行く先々でゲバラを待っている人たちに会い、名も知らない人たちに、惜しみない愛と情熱を捧げてきたこと。
そして自らもその旅を通して、ある”気づき”を得ることができたということ。

それが、のちの革命活動につながっていくわけだが、「自分の居場所を見つける」ということを見事成し遂げたゲバラを羨ましくも思う。自分の理想のために人生を捧げた革命家としての生き方にも感動する。ゲバラの思想は別にして。



もっと強く自分のアイデンテティを意識して毎日を生きなければいけないと、胸が張り裂けんばかりに感じた作品だ。





モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
アミューズソフトエンタテインメント (2005/05/27)
売り上げランキング: 644
おすすめ度の平均: 4.5
5 静かに、心がざわつかされる映画
3 革命家の原点
4 確信にたどりつく旅






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - チェ・ゲバラ没後40年
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。