掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年10月07日

フルマラソンで途中棄権せずに完走するテクニック

HOMEスポーツ > この記事

フルマラソンをペースを落とさずに完走する方法。

姿勢


・背筋を伸ばす。
・上り坂は若干前傾姿勢で。
・下り坂は後背姿勢で。

走るフォーム


・ピッチ走法(歩幅をせまくして、脚の回転を速くする走法)で走る。ストライド走法は長距離走では疲労が溜まる。
・足を動かすのではなく、腰を回転させるイメージで走る。
・腰の重心位置を一定に保つ。
・腕振りをリズムよく。
・腕振りは、腕を前に突き出すのではなく、腕を自分の体より後ろ側に振る、ボートを漕ぐイメージで。

水分補給


・水分補給は充分行う。
・のどが渇いたと思ったときは、もう手遅れ。のどが渇く前に飲む。

走行時


・他人のペースに惑わされない。周囲が速く走っても、焦ってついていかない。自分の力以上に走ると必ずすぐにバテる。
・速く走る自信があるのなら、スタート時は先頭かそれに近い位置に陣取る。
・速く走る自信がないのなら、スタート時は列の中間から後ろに並ぶ。ただし、最後尾付近はダメ。スタートしてもなかなか前に進まず、自分のペースに乗れずイライラすることになる。
・歩かない。給水時にスピードを落とすのは構わないが、立ち止まったり歩かないこと。何度も立ち止まっている歩いたりしていると、次第に走り出せなくなる。


準備


・両足の爪は切っておく。切ってないと爪が隣の足の指を切る恐れがある。
・足の裏、足の指と指の間、股の付け根にワセリンを塗っておく。長時間の摩擦、ムレによる出血を防ぐ。
・乳首にカットバンを貼る。ウェアと乳首の長時間の摩擦による出血を防ぐ。
・最低限、フルマラソン42.195kmと同等の距離、または予定完走時間と同じ時間分の走り込みを2回は行っておく。普段の走り込みは10〜20kmでもよい。

メンタル面


・何よりも「完走させてやる」という意志の強さ。
・完走したときの、完走したあとの自信と誇りに満ち溢れた自分をイメージする。
・完走後の自分へのご褒美を用意する。目の前にニンジンをぶらさげて走る感じ。


誰でも成功するフルマラソン100のポイント―シティランナー特別編集 (GAKKEN SPORTS BOOKS)
シティランナー
学習研究社 (2000/09)
売り上げランキング: 7169
おすすめ度の平均: 5.0
5 マラソン挑戦を決めたその日から
5 これは良い!









ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ はてなブックマーク - フルマラソンで途中棄権せずに完走するテクニック
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。