掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年10月04日

ロイズ かりんとうチョコレート

HOME食べる・飲む > この記事

ロイズ かりんとうチョコレート

「ロイズ かりんとうチョコレート」をレビュー!



地元デパートで、北海道物産展をやっていたので買ってきました。

「北海道」という文字を見ると、自然と足がそっちに向かってしまう習性が身に付いてしまったわたくし。
見逃すはずがありません。


「ロイズ かりんとうチョコレート」とは


北海道の菓子メーカー「ロイズ」が今年新発売したお菓子です。
沖縄産黒糖を使用して作ったかりんとうに、チョコレートをコーティング。

いわゆる、人気商品の「ポテトチップチョコレート」の二匹目のドジョウを狙った商品というところです。


豪華なパッケージ&いいお値段


たかが「かりんとう」なのに、この豪華な外箱。
そして箱を開けると、チョコレート色の中袋。

ロイズ かりんとうチョコレート 中袋

スーパーで売ってるようなお徳用袋に入った「かりんとう」と違う理由は、その価格にあります。

なんと、税込価格735円!

「ポテトチップチョコレート」も630円と高いと思うけど、どうっすか。この価格。

夏に北海道に行ったけど、「どうしよう〜 買おうか買うまいか」と何度も悩んじゃって結局買わずじまい。

でも、購読しているロイズのメルマガで北海道物産展で「かりんとうチョコレート」を販売すると書いてあったので、とうとう我慢できず飛んで買いに行った次第。


意外に普通なお味


黒糖で作られた「かりんとう」に、チョコレートがコーティングされたこの「かりんとうチョコレート」。

やわらかな口当たりと香ばしさのチョコの下に、カリッとしたかりんとうの黒糖の甘さ。

でもどちらかというとチョコレートが前面に出て味を主張している感じ。
黒糖のまろやかな甘さを、ほのかに香るカカオで和らげて仕上げた」というのがロイズの謳い文句ですが、かりんとうの味があまり出てきていないような。。


ロイズ かりんとうチョコレート


  +++++

この「ロイズ かりんとうチョコレート」を買いに行ったのは夕方でしたが、ロイズのブースでは「ポテトチップチョコレート」は既に売り切れ。

「ポテトチップチョコレート」はテレビでも取り上げられましたからね〜
北海道じゃなくても有名な商品。
「ロイズ かりんとうチョコレート」はまだまだこれからという感じ。

ロイズのブースではロイズ初となる「おこっぺ牛乳」を使ったソフトクリームを販売していて、これもおいしかった。

「おこっぺ牛乳」のソフトクリームというと、「ノースプレイン・ファーム」「JAおこっぺ」のソフトクリームが有名。

「おこっぺ牛乳」は、生クリームのようななめらかな口当たりとほのかな甘さが特徴のオホーツク産の牛乳です。



あと、北菓楼の「開拓おかき」も売ってたのに、ほとんど売れてなかった。九州ではまだまだ知名度が低いです。
新千歳空港売店でやってるように試食できるようにすれば、おいしさが理解されて売れるようになると思うんですけどね。

その他にはドゥーブルフロマージュでお馴染みの小樽のスイーツ屋ルタオ【LeTAO】も出店してました。


ロイズ かりんとうチョコレート 断面

でも、きっとコレが出ると一番人気な商品になるんだろうな。
その商品の名は、

  「カルビー じゃがポックル」

まぁ北海道でしか買えないというのがウリだから、地方の北海道物産展で販売されるのは100%ありえないでしょう。





かりんとうチョコ





astyle ANAショッピングサイト
 
 
 
 








ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる・飲む はてなブックマーク - ロイズ かりんとうチョコレート
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。