掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年10月01日

EDITH PIAF

HOME音楽・CD > この記事

エディット・ピアフ 愛の賛歌

今日観た映画「エディット・ピアフ 愛の賛歌」。
個人的には、次回のアカデミー賞で外国語作品賞を是非獲得してもらいたい、そんな感想を持つ映画でした。

この作品を観てシャンソンに対しての見識が180度変わりましたね〜
音楽は幅広いジャンルでよく聴くけれど、シャンソン自体には興味がなかった。けれど、この作品を観てシャンソンが喜び・悲しみ・苦しみ・怒りなど人生に起こるすべての出来事を肯定する、人生賛歌であると知った今、シャンソンにとても興味を持ちました。


エディット・ピアフ「愛の賛歌」の歌唱映像




とりあえず シャンソンを聴きまくって、
正月に「新春シャンソンショー」があったら、シャンソン歌手のリアルな歌声を聴いてみたいな。



ちなみに、

新春シャンソンショー
新春シャンソンショー
新春シャンソンショー

3回噛まずに言えれば合格です。

エディット・ピアフ
エディット・ピアフ
posted with amazlet on 07.10.01
エディット・ピアフ
EMIミュージック・ジャパン (1997/12/10)
売り上げランキング: 163
おすすめ度の平均: 4.5
4 「悲しければ悲しいほど美しい」
5 人間としてのピアフを想いながら…聴いていると愛の素晴らしさに満たされます!
5 シャンソン=エディット・ピアフ









ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・CD はてなブックマーク - EDITH PIAF
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。