掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年08月11日

お盆ですね

HOME > この記事

那覇空港

今年もやってきました、夏の民族大移動週間が。

地元だと、普段混んでいるところは空いていて、普段混まないような田舎の観光地は混んでいたりします。

でも一部の普段混んでいるところでも、普段訪問する人とは別の層がドドッと押し寄せたりして、やっぱり混んでいる場所もあります。


毎年、乗車率200%の新幹線とか、高速道路の渋滞50kmとかをニュースで目にするたび、「はぁ〜、住んでるところが帰省する必要のない地元でよかった」と思うのは、きっと私だけではないでしょう。

この時期でしか長期間の休みがとれない人はやむを得ない面もあるわけですけど、その他の時期にずらして休みをとれば、混むこともなく、さらにありえないくらい低価格で旅行に行けたりするわけです。

よく宿泊料やツアー料金で、繁忙期料金、オンシーズン、ハイシーズン料金というのがあるんですが、これは「忙しいから人件費等がかさむのでその分、手数料をとりますよ」という意味ではなくて、「高くても買う人が多いから、稼がせてもらいまっせ」という意味なんですね。



前者の「忙しいから人件費等がかさむのでその分、手数料をとりますよ」という部分もないわけではないですが、やはりそこは商売なので「客が多いときは稼がせていただきます」という面のほうが大きいということです。


私は現在、事業主という立場なので、休む時期をフレキシブルに調整できるのですが、会社員時代においてもGW・お盆は出勤して、休みをあとにずらして取得する、という知能犯でしたw
というのは冗談。
会社員時代の私はシステムエンジニアでしたが、新しいシステムへの移行・更新作業というのは長時間を要します。
そこで、世の中が休みのときにコンピュータシステムを停めても世間の賛同を得られやすいGWやお盆、年末年始に銀行のATMを停めたりして、作業をやらざるを得なかったわけです。

GW、お盆に出勤するメリットは、出勤して空いた通勤電車に乗って会社に行き、邪魔されることなく仕事に没頭できること。
これはこれでよかったなぁと思います。

そうして休みをずらして、どこに行っていたかというと、やっぱり北海道に行くことが多かったかなと。



ここ数年、休暇取得を分散化して混雑を減らす傾向があるという報道がありますが、まだまだ定着するには道のりは遠い気がしますね。




ANAのツアーは特典いっぱい
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | はてなブックマーク - お盆ですね
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。