掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年08月07日

書評「だから御社のWebは二度と読む気がしない」

HOME書籍 > この記事

だから御社のWebは二度と読む気がしない お得意様を獲得する驚異のWebライティングメソッド


だから御社のWebは二度と読む気がしない」を読了。

■どんな本?
本書は「ユーザを惹き付ける文章を書くためのテクニック」を提示したもの。
ただし、本屋のWebコーナーに行くと必ず置いてある「情報商材を売るためのセールスレターの書き方」などのアチラ系のノウハウ本ではない。

企業のWeb担当者、Webサイト制作プロダクション向けの本である。

企業のWebサイトは、いままで広告戦略やデザイン・レイアウトなどを優先するあまり、肝心な文章を軽んじられてきた。

そのために大企業のWebサイトであっても、見るに堪えない悪文が公然と公開されている。

本書はそうした、重要視されてこなかった文章を見直して、よいコンテンツを作り、ビジネスに成功することを目指したものだ。


■読後感想
最近はブロードバンドの発展にともない、動画によるプロモーションが主流になりつつあるが、あくまでユーザに認知させるのはテキスト(文章)である。

もちろん動画を利用したほうが、商品・サービスの説明をする上で有効なケースもある。ただしそれは文章を補完する意味において動画を適用するべきであり、いまもって文章が大切な要素だ。


Webは一般に開放されて10数年が過ぎた程度で歴史が浅い。
なので、企業が制作するWebサイトの制作工程が確立されているわけではない。

書き手とは別に、校了する人や編集者が存在する雑誌や書籍、TVとは違い、Webはプロではなくても簡単に文章を公開することができる。

個人が書き記す日記は、それでもいい。

ただし、そのWebが商用目的であるならば、ユーザから"読まれる"文章を書かなければならない。

デザインやレイアウトも大切だが、単にみてくれのよい"見られる"Webサイトではなく、"読まれる"Webサイトを目指さなければならないのである。

本書のなかで悪文の例がいくつも提示され、正しい文例もあわせて記されているが、本来は正しい文章にすべきなのになされていないのには理由がある。

それはSEOである。

1ページの中に、同じ文言とくどいほどの説明を繰り返す悪文がはびこっているのは、SEO目的にほかならない。

ただ、これらの文章は検索エンジンのクローラに読ませるためのものであり、生身の人間であるユーザにとっては読むに堪えない悪文だから、結果的にユーザを離れさせてしまっているという事実に気付かなければならない。

私はいくつもの商用サイトを所有しているが、早速見直すべきところは見直して訂正をかけるつもりだ。




だから御社のWebは二度と読む気がしない お得意様を獲得する驚異のWebライティングメソッド
戸田 覚
ソフトバンククリエイティブ (2007/06/28)
売り上げランキング: 53123






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 はてなブックマーク - 書評「だから御社のWebは二度と読む気がしない」
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『だから御社のWebは二度と読む気がしない』読了(追記あり)
Excerpt:  戸田覚(とだ さとる)さんの、『だから御社のWebは二度と読む気がしない』を読みました。 だから御社のWebは二度と読む気がしない お得意様を獲得する驚異のWebライティングメソッド作者: 戸田 覚..
Weblog: (朝日を忘れた小説家)山雨乃兎のブログ
Tracked: 2010-10-20 19:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。