掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2007年08月04日

非常食にピッタリ! 余市宇宙記念館「スペース童夢」の宇宙食・ライスケーキ「おもち」

HOME食べる・飲む > この記事

北海道・余市の宇宙記念館「スペース童夢」で宇宙食を実食!!

宇宙記念館「スペース童夢」

「スペース童夢」は、日本初の宇宙飛行士である毛利衛さんの出身地であることにちなんでオープンした、世界の宇宙飛行・研究を紹介する施設。



拡大地図を表示


展示スペースの見学のほか、無重力空間の姿勢制御や重力の疑似体験ができたり、スペースシャトルのフライト感覚体験などができます。


で、この宇宙食。

夏休みに突入したからなのか、特別に試食をすることができました。

今回頂いたのは「おもち」。
いわゆるドライフーズの「お餅」ですね。

ライスケーキ「おもち」
※パッケージに入った宇宙食「おもち」 4cm×3cmくらいの大きさ


宇宙食・餅
※パッケージを開くと、軽石のような感触の宇宙食が出現


水で戻し中の宇宙食・おもち
※水の中で15秒つけると、食べられる状態になります。



試食した感じは、ごく普通の餅でした。
あくまで、ごく普通の餅。
餅としての弾力性、食感、味覚。 すべてにおいて普通の餅です。

でも、わずか15秒で水で戻しただけで餅の味わいが復元できるなんて、すごい技術だ!


試食会場では、きな粉をつけて食べることもできましたが、実際の宇宙船の中では粉は禁止とのこと。
無重力空間の宇宙船の中では、計器の中に粉が入り込んで障害の原因となる可能性が高いからです。

とゆーか、宇宙船の中で水にどうやってつけて戻すんだろ〜っと疑問が湧きましたが・・・

宇宙食は保存期間が長いので、災害時の食料として、多くの自治体で非常食として備蓄されているそうです。

宇宙食ライスケーキ「おもち」
※宇宙食 ライスケーキ「おもち」外装


アウトドア&フィッシング ナチュラム

 +++++
 

この余市宇宙記念館「スペース童夢」は、「道の駅スペースアップル余市」の敷地の中にあり、出口が道の駅につながっています。

道の駅は"おもち"以外にも枝豆、イチゴ、大学イモ、タコ焼きなどの宇宙食、お土産、野菜、余市特産のアップルジュースなど特産物の販売スペース、軽食スペースがあります。

道の駅スペースアップル余市

宇宙記念館と道の駅はつながっていて、同じ事業体が運営しているらしく、スタッフが行き来をしています。

宇宙記念館のスタッフは、NASDA(宇宙開発事業団)っぽい青いツナギの作業服を着ているんですが、青いツナギを着たまま、道の駅の販売スペースで野菜を並べたり、レジを打ったりしていて、この光景が一番印象深くておかしかったとは同行者の弁。




■余市宇宙記念館「スペース童夢」
・所在地  : 北海道余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
・交通   : JR函館本線 余市駅より徒歩5分
・営業時間 : 夏季 9時〜18時(最終入館16時30分)
         冬季 10時〜16時(最終入館15時00分)
・問合せ先 : ※余市宇宙記念館「スペース童夢」
         ※道の駅スペースアップル余市


楽天市場で「宇宙食」を詳しく見る











ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる・飲む はてなブックマーク - 非常食にピッタリ! 余市宇宙記念館「スペース童夢」の宇宙食・ライスケーキ「おもち」
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。