掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2010年05月17日

Innovation

HOMEつぶやき > この記事

つい最近、お会いした方々の数名から、「もうこのブログは書かないの?」と尋ねられたので、そのことについて書くことにします。

お会いした数名の方から同じことを尋ねられたので、かなり驚いております。このブログをかつて御覧になっていた方の中にも「なぜ書かないのか」と感じている方がいらっしゃるかと存じます。

書かない理由は端的に言うと「本来やるべきことに集中しているため」というひと言に尽きます。

実は書きたいことはたくさんあるのだけれど、一度書いてしまうと書く楽しさにまた目覚めて1日にいくつもの記事を書き綴ることになることが、これまでの経験からわかっています。

ただ、やるべきことが他にもたくさんあり、ブログ更新をする暇さえありません。去年秋から、生産性が落ちて本業に支障が出るという理由でTwitterをやめ、SNSにログインする回数も削減しました。そしてこのブログ更新さえストップさせています。

見方を変えるならば、ブログ更新する余裕さえないということなのかも知れません。

しかしながら、私にはやるべきことがたくさんあるのです。「二兎を追うものは一兎をも得ず」との言葉にもある通り、あれもこれもと手を付けてしまうと、どれも中途半端となってしまい、結局はどれも成功しないのだと考えています。

本来やるべきことに、ベストを尽くしたいということです。

日本科学技術大学教授上田次郎のなぜベストを尽くさないのか


従って、今後数年の長期計画を達成させるために昨年末でブログ更新を一旦停止し、今年初めから自分の時間を本来やるべきことに集中させてきました。


お会いした一部の方からは、記事の中から抜粋してノートに書き留めるくらいのよい内容が書かれていると、お褒め頂いています。それはほんとうにありがたいことです。

このブログの記事はかなり突っ込んだ本音トークで書いており、ときに攻撃的なものもあります。そんな記事があっても、褒めていただけることにはとても感謝しています。

しかしながら、何度も繰り返しますが、いまは自分にとって本来やるべきことに集中させることにしています。
よく経営者が発する言葉に「選択と集中」とありますが、まさに「本来やるべきことを選択し、それに集中させる」ということです。

やるべきことに集中させた結果、そしてその成果は徐々にかつ、着実に現れています。でもそれはまだまだ道半ば、ようやくスタートラインに立てたという認識でしかありません。スピード感と緊張感を持ってさらに先に駒を進めなければなりません。

私が目指すところは、「個人が作るプロダクトでイノベーション(革新)を起こす」ということです。

私にはこうなりたいという目標があり、今後数年に達成すべき事項がたくさんあります。

その目標を達成させるために、いまは本来やるべきことに集中させたいのです。


従って、このブログの更新は当分お休みです。

気が向いたら、また記事を書きます。




















その日まで、


いい夢見ろよ!!

柳沢慎吾セレクション あばよ!!



 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき はてなブックマーク - Innovation
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
先日はお会いできて嬉しかったです。
いつも携帯から読んでいて、
更新を楽しみにしていました。

ノートに書いたしんさんの言葉は
私へ進むべき道を教えてくれます。
感謝しています。ありがとうございます!

しんさんの目標達成を願いながら、
「気が向いたとき」を楽しみにしていますね。
Posted by 藍玉 at 2010年06月08日 05:27
書き込みありがとうございます!
こちらこそ、3年ぶりにお会いできて嬉しかったです。
藍玉さんも頑張ってくださいね!!
Posted by しん at 2010年06月08日 11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。