掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年10月25日

mixiアプリのマネタイズ

HOMEビジネス > この記事

mixi完全攻略マニュアル


SNS最大手のミクシィは、mixiアプリの導入によりページビューが増加し、広告収入増大に寄与したそうである。

■mixiアプリ効果 PC版mixi、9月のPV・滞在時間が急拡大
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/19/news092.html

mixiアプリは、SNS利用者減と残存ユーザの滞在時間減少に悩むミクシィ側にとって起死回生の策である。これは米国のSNS・FaceBookがもつ同様な仕組みを模倣したものだ。

ところで、mixiアプリはミクシィ以外の個人や法人にも開発の門戸が開かれている。

■mixi Developer Center
http://developer.mixi.co.jp/

ミクシィの提供するAPIを利用してmixiアプリを開発、mixi上で公開することができる。

開発者側にとっては、ただ開発するだけでは旨味はない。
そこでmixiアプリには開発者にも収益をもたらす仕組みを設けている。

大きくわけて3つある。
1. mixiアドプログラム 
 アプリ内の所定位置に自動的に広告が掲載され、ページビューに応じた収益を得ることが可能。

2. mixiペイメントプログラム 
 アプリ内のデジタルコンテンツへの課金を「mixiポイント」で決済することが可能。例えば、mixiユーザがアイテム購入すると、それに応じて収益を得ることができる。

3. mixiファンド 
 mixiアプリ開発者に対して、出資・融資・「mixiアプリ」の買い取りなどを実施。


上記のようにmixiアプリの開発者に対して収益をもたらす仕組みを提供している。

ここで、上記1.に注目。
mixiアプリ内に広告が表示されると、ページビューに応じて収益を得られるとある。3つの収益化手段のなかで比較的、開発者が導入しやすいのは上記1のmixiアドプログラムだ。

これは、mixiユーザが何の気なしにmixiアプリを使っているうちに、暇つぶしでも何でも、使えば使うほど開発者とミクシィに収益をもたらすのである。言い換えると、mixiユーザは自分の貴重な時間でmixiアプリを使い、その貴重な時間をおカネに変換してミクシィと開発者側に知らず知らずのうちに無償で捧げているのだ。いわばユーザからの無償奉仕であリ、これはミクシィと開発者にとっては「ありがたや〜」な話。しかし、ネットユーザのなかには「嫌儲」と呼ばれる「ネット上のコンテンツは無料提供であるべきで、そこから収益を得ることはまかりならん!」と身勝手なことを言う人たちがいて、上記2のmixiペイメントプログラムを使ったアイテム購入などは反発を呼びやすい。実際に、200万人が参加している人気のmixiアプリ「サンシャイン牧場」は高級肥料などのアイテム課金を導入したが、「嫌儲」たちの不評をかなり買っているようである。

だが、mixiアドプログラムはmixiアプリ内に広告を表示するだけなので、意外とすんなりと受け入れられやすいのではないだろうか。

以前にも書いたが、仕組みを利用する側になるよりも、仕組みを自分で作って利用させる側にまわるほうがはるかに面白い。

■小飼弾の 「仕組み」進化論
http://review-returns.seesaa.net/article/128338841.html
世の中、仕組みを作ったものが生き残る。仕組みを使うよりも仕組みを使わせる側に回ったほうが実利もある。どんな業界でもそうだ。ギャンブルやゲームの世界でも、利用するよりも利用させる側になるほうが面白いし利益も数百倍、数千倍だ。
搾取される側になるのではなく、自分が胴元になることによって利益を得ることがこの世界で生き残る術だ。

ユーザがこれ(mixiアプリ)をやっても何か生産性向上が図れたり成果が出るわけではない。暇つぶしには使えるが限度を超えた利用は貴重な自分の時間を無駄に浪費しかねない。


mixiアプリを使うことにはまったく興味が湧かないが、使わせることには、ちょっとばかり興味がある。ソーシャルネットワーキング向きなアプリならいくらでもアイデアが思いつく。でもiPhoneアプリ開発のほうが面白いんだよなぁ。mixiユーザは日本国内で1700万人。対してiPhone/iPodTouchは全世界で5000万台。中国市場への導入開始、1国内での複数キャリアの導入開始など、さらにこの勢いは伸びていくのがその理由。どちらが有望かといえば、そりゃやっぱりiPhoneのほうがダントツで有望である。

それ以前に事業の生産性向上のために"SNS断ち"を行っているので、そもそもmixiアプリどころかSNSさえ、もはや利用していない。
 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - mixiアプリのマネタイズ
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。