掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年09月17日

ヤフーのビジネスSNS「CU」が終了する理由

HOMEビジネス > この記事

ヤフーのビジネスSNS「CU」は事業化の目途が立たず終了することとなったが、たしかにビジネスSNSには一定以上の効果を出せることってあるのかなーと疑問に思うところはある。

パレートの法則(2:8の法則=アクティブ数は全体の20%)を適用するとすれば、参加者のうちアクティブに活動するのは全体の20%、その中でビジネス論議をする参加者はその中の20%。そして成果を出せているのは、さらにその中の20%。

終了するヤフーのビジネスSNS「CU」の参加者は6500人とのことだが、パレートの法則を適用するとアクティブなのは1300人。そのうち本来のビジネスを展開するのは260人。成果が出せるのは52人。

これでは運営者側が事業として成り立たないと判断するのは仕方がないのかも。

マネタイズを考えないボランティア運営のビジネスSNSなら、参加者が仮に200人くらいとしてパレートの法則によりアクティブに日記やコミュニティに書き込む者が40人、そのうちビジネスに関する議論をするのは8人。そして成果を出せるのは1.6人であったとしても、運営を続ける意義はあるのかも知れない。

参加者が目標数に達しない、アクティブにならない人が多い理由としては、実力のある人物は同業者に身辺を探られることを警戒してアクティブに活動したがらないということがあるし、ビジネスSNSへの登録を勧誘されても過去に参加したビジネスSNSで遭遇した嫌なことのトラウマから、実力のある人がビジネスSNSへの参加を敬遠するケースもある。

そうした状況を自分自身、目の当たりにしているのでアクティブにならない人が多いというのも理解できる。

ビジネスコミュニティを成り立たせるには
 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - ヤフーのビジネスSNS「CU」が終了する理由
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。