掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年08月27日

映画の辛口批評

HOME映画・DVD > この記事

提灯記事よりも正直に評価した記事のほうがいいよね。

映画の辛口批評はどこへ行った? NIKKEI NET

時代を反映してか、映画雑誌が休刊となった半面、インターネットの映画情報サイトが充実してきている。
でも、そこに掲載される情報というのは「単なる映画の情報」。あらすじと出演者の情報くらいで、いわゆる提灯記事もある。
映画館で映画を観賞するとなると1000〜1800円という高額出費なので、あとで「しまった!こんな駄作観るんじゃなかったぜ、カネ損した!!」と後悔するのは避けたいもの。

駄作でしかない映画を観たら観たで、ブログに酷評を書きなぐる楽しみがないわけではないが、観たいと思っている映画の評価が事前にわかるとありがたい。

いわゆるハリウッド大作とか話題作とか巨匠が撮影した作品とかシネマコンプレックスで上映される映画は駄作に当たる確率が高く、ミニシアター、いわゆる単館系は上質な映画を上映しているので、映画館の規模がひとつの目安となるが、某巨大掲示板や個人ブログでの評価も大変参考になる。

地元ローカルラジオ局では毎週月曜日に映画評論家のおすぎの公開中または公開前の映画評論が放送されるのだが、全国放送ではないローカル局でしかできないような厳しくて辛辣な評論をするためか、これが大変参考になる。酷評する映画もあれば10点満点をあげる映画もある。10点満点とする映画は観ればたしかにその通りで10点満点の出来。酷評する映画を試写会で偶然数本観たことがあるが、たしかに酷い出来だった。おすぎは映画のTVCMのナレーションをすることがあるが、駄作は依頼されても声の出演を断るそうだ。

こうした映画配給元に媚びない潔さのある映画評論家は少ないが、上記記事によると最近はネットにおいては実名で辛口批評をする評論家が出現しているとのこと。観賞者の主観が入った評価ではあるが、良い悪いをキッチリ分けて評価しなければ生き残れない時代になったということかな。


あえて、いま上映されている映画のなかで観たい映画があるとすれば、

・サマーウォーズ(日本のアニメ)
・96時間

これくらい。


ってわけで、これから映画観てきます。
 
 



タグ:映画



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 11:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD はてなブックマーク - 映画の辛口批評
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。