掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年08月23日

贅沢言うな

HOMEビジネス > この記事

ようはおカネを稼ぐためにラクはできないってこと。

報酬率の高い低い:中小店は情報発信で活!
報酬率が飛びぬけて高い理由は何だろうと思いませんか、ECサイトも営利企業です出来れば安い報酬率を設定したい筈です、それなのにドカンと高くしている、いや、しなくてはならない理由があるのかなと考えてしまいます。
普通に考えると、安定して売れている商品だったら報酬率は平均レベルだと思うのです。
アメリカのアフィリエイトに比べて日本のアフィリエイト報酬額は少ないなんて言われているけれど、それは商習慣の違いとかコスト体系とか販売シェアの差とか諸々の事情があるため。

日本にも高額の成果報酬を出す商品はあるが、そうしたものは総じて「怪しい」「胡散くさい」。上の記事にもあるように、報酬率が飛びぬけて高い理由は高い広告費用をかけなければ"売れない"「何か」があるから。

そうした高額報酬だけに釣られて「怪しくて」「胡散くさい」商品ばかりを狙って紹介するのは、商売人としても人道的にも問題がある。詐欺師として後ろ指を差されたいのなら別だが。顔の見えないネットでやってるから周囲にはわからないと思っていたら大間違い。そうした人物は日頃の言動を見ればよ〜くわかる。

数%とか数百円が安いとか言うのであれば、コンビニバイトでもやって自分のカラダ使って労働したほうがはるかにマシ。企業が1,000円の純利益を出すのにどれだけ苦労していると思っているのか。
 
商売ナメんな。
 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - 贅沢言うな
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。