掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年08月24日

ビジネスコミュニティを成り立たせるには

HOMEビジネス > この記事

「ビジネスコミュニティ」とは何か。

「ビジネスコミュニティ」とは一つのビジネスの目的を持つ人たちが集まるコミュニティのことだ。集まる人たちはそれぞれ独立した事業者として個別にビジネスを行い、収益の確保を目指している。ビジネスコミュニティには企業内でのコミュニティ、いわゆる社内コミュニティや社内イントラネットなどもあるが、ここでは独立した事業者が集まるビジネスコミュニティについて述べる。

こうしたビジネスコミュニティに集まる人物というのは様々だ。
ビジネスコミュニティへの会員登録当初や、まだ収益がそれほど十分と呼べる程ではないレベルの参加者は、互いに情報供与をしたり、悩みを打ち明けたり、世間話をしたりと和気あいあいな雰囲気だ。
しかし、いったんそれが上のレベルを超えるようになると、今度は他から追われる立場となる。自分の事業領域を侵食されまいとする防衛本能が働くようになる。同業者からあれこれと身辺を詮索され探られることを警戒し拒むようになり、やがて情報提供はしなくなり口をつぐむようになる。話題を提供したとしても、ありきたりでたわいのない世間話や、そのビジネスに関連するニュース報道に関する話題に対するコメントなどに限定されていく。

コミュニティのなかにもさらに小さな規模のコミュニティの場が設けられることがある。それらはそのビジネスの中の特定のテーマについてのものだが、立ち上げられた当初は参加者が増えて発言がなされるが、わずか数日で発言はなくなり開店休業状態に陥る。それは他の参加者が同業者であるために有利な情報を出したがらないことと、参加者も他の誰かからの情報供与をただ望んでいる受け身の状態となるからと、やがて飽きてしまうからだ。

ビジネスコミュニティを悪用する目的で参加する者もなかにはいる。自分もこうしたことをする者に遭遇した苦い経験があるが、他人から情報を盗むためだけの目的で潜入する者もいる。他人から情報を盗んだ上でビジネスアイデアを模倣したり、そのままパクったり、悪質な他の同業者へ情報を横流しする者もでてくる。最も悪質な者はコミュニティ自体を自分で「おとりコミュニティ」として運営し、ネギをしょったカモを待ち受ける。
そのほかには、クローズドである環境を悪用し、周囲の賛同を得やすい自分の地位・人間関係を利用して、自分の意見と異なる者に対する陰口の言い合いの場として利用する者もいる。あるいはビジネスコミュニティで出会った同業者とのリアルな交流において相手を不快にさせる言動をし、相手を困らせて喜ぶ者もいる。

そして、こうしたことに遭遇することによりそのビジネスコミュニティに価値を見いだせなくなってしまった人たちは、いつしか去っていく。またはビジネスコミュニティに登録・在籍しているだけの状態となる。

ただ、そもそも収益を出し続けることができている人はビジネスコミュニティを利用しなくても自力で事業運営が可能であり、ビジネスコミュニティに依存する必要性がないので、利用しなくとも意に介しない。やがてビジネスコミュニティは実力のある参加者が活動する場ではなくなり、そうではない参加者による雑談・慣れ合いの場と化していく。そして、開設後わずか数年で閉鎖してしまったり、ほんの一部の参加者のみがアクティブな状況となる。



どんなビジネスコミュニティもこうなってしまいやすい。それは上記で述べたように個々がそれぞれ収益を求めて活動する独立した事業者、ようするに他の参加者は所詮、同業者であり競合者・ライバル・商売敵であるということと、運営者側が積極的にコミュニティを盛り上げ、適切に管理することが十分できていないのが原因だ。

取引先として参加する企業からの情報・サービスの提供や、交わされる雑談や交流を通してビジネスの広がりが発展することもないことはない。しかし、「ビジネスコミュニティ」としてみたときには、十分に機能していないように見える。

では、どうすればよいのかと問われても、参加者に対し口をもっと開いて情報提供せよと言っても限度がある。競合者・ライバルがひしめく中で有利な情報供与をしようという者は、苦労して独自に確立させたノウハウを持ち収益を上げている者ほど存在しない。さらに、そのビジネスコミュニティの規模にもよるが、運営者側の負担もかかる。なので、ビジネスコミュニティというものを成功させるのはなかなか大変なのだろうと思う。


と、こういうふうに常日頃から考えているのだけど、こうした分析をしている人って、ビジネスコミュニティの参加者たちの中に果たしてどれくらいいるのでしょう?




コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)
エティエンヌ・ウェンガー リチャード・マクダーモット ウィリアム・M・スナイダー 櫻井 祐子 野中 郁次郎 野村 恭彦
翔泳社
売り上げランキング: 103286
おすすめ度の平均: 4.5
5 今こそ学ぶべきところは多い
4 実践コミュニティのデザインと発達
4 知識ってマネージメント可能なんですね
4 自由なコミュニティーを用いたナレッジマネジメントの影響力
4 ダイナミックな知識をいかにマネジメントするか?






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - ビジネスコミュニティを成り立たせるには
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。