掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年07月20日

静かなる侵略

HOME社会 > この記事

政権交代が何やら現実化しそうな雰囲気となってきたが、よくよく考えたほうがよい。

一見、夢のような、バラ色の政策を掲げて政権交代を狙う政党に隠された本当の姿を。


いま一度、スイス国家が記した「民間防衛」に書かれている事柄を思い出す。

書評「民間防衛」
本書では近代戦争は武器による攻撃だけではないと記す。
全面戦争であり、平和なときから政治、経済、心理面で徐々に敵国の工作により密かに静かに浸透していき、ある局面を迎えたときに一気に占領されてしまうと記す。
一見、国民寄りの政策を掲げる政党の、話題となる大きな政策の隅に隠れた政策を見るととんでもない内容が掲げられていることがあり、こうしたわずかな変化が後々に国民を恐怖に陥れてしまうことになる。



与党、野党、どちらが信用して政治を任せられるかと言うと、どちらも任せられないというのが本音だ。消去法で考えるなんてとんでもない。
ではいまの与党がダメだから野党に政権を持たせて、一度やらせてみればよいとも、言えない。

自分は支持政党などは持たないが、これだけは言える。
政権交代を狙う政党は信用できる政党ではない。

なぜか。

現在、政権交代を狙う政党は、ここにきて政権交代後の政策を微細な部分で変えようとしている。それも現在の与党政策と同じレベルにしようとしている。

海自のインド洋給油活動、鳩山代表「当面は継続」


これは現実路線に回帰したのだと推測できるのだが、現在の与党政策を踏襲するというのであれば、政権交代しても意味がないということになる。

万が一、政権交代が実現したとする。
「政権交代後、いろいろと国家の状況を精査してみたけれど、完全には実現できないことがわかりました。とりあえずはできる範囲のことはやります」
となった場合、どうなるか。

無駄排除で財源捻出 Yahoo!ニュース
根拠無き財源捻出論が、文字通り根拠はなかったということになる。

そして、日本国民向けの政策は現状維持、あるいは中途半端なレベルでの施策となる。
これだけなら現在の与党と同じとも言えるが、本当の問題はここからだ。

この政権交代を狙う政党は、在日外国人に参政権を与えようとしている。
しかし、今年5月末、マニュフェスト上からこの在日外国人への参政権の付与をはずした。

定住外国人・地方参政権付与、マニフェスト記載見送りへ 産経ニュース

これの意味するところは何か。
選挙対策であると容易に考えることができる。

もし政権交代後、在日外国人への参政権付与の法案を立案し、与党の圧倒的多数で法案を可決したとする。

ここで、スイス政府の記した「民間防衛」のことを再び思い出す。
本書では近代戦争は武器による攻撃だけではないと記す。
全面戦争であり、平和なときから政治、経済、心理面で徐々に敵国の工作により密かに静かに浸透していき、ある局面を迎えたときに一気に占領されてしまうと記す。


さらに、この政権交代を狙う野党の前党首は、「(在日米軍は海軍)第7艦隊で十分」と発言している。
波紋広がる「第7艦隊」発言 時事ドットコム

在日外国人に参政権を与え、これに加えて国防が手薄となり、参政権を得た外国人が謀略をもって政治に意志を反映することが容易になれば、外国人による日本乗っ取りが可能になってしまう。

これをバカげた妄想と論ずるのはたやすい。
しかし、この政権交代を狙う政党に関する情報を集めていく限り、とても信用するに値する政党であるとは言い切れない。


国民が知らない反日の実態


Media報道に流されていると、将来の日本と日本国民はとんでもない目に遭う。









ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 22:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 静かなる侵略
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
こんにちは。

解散しましたね。

必ずしも自民党がいいとは思いませんが、民主では不安がありますね。

外国人参政権に関しては、しんさんと同様です。

外国人は、自分の国(国籍を持つ国)の国益を考えて活動する可能性もあるので、信用できません。ロビー活動している外国人もいるでしょうし。

それと、小沢一朗は国替えしませんでしたね。私は、東京12区で投票するので、絶対、小沢に投票しないぞと思っていたので残念です^^;
Posted by マサオッチ at 2009年07月21日 13:22
政権交代が現実となったときが、日本という国家の終わりの始まりだと思ってます。

自民は小泉-竹中時代に文字通り日本をぶっ壊しましたが、麻生政権でその改革路線を見直そうとしたところで内外から反麻生が始まりました。
民主は反日政党と呼ばれています。中韓朝に日本のいろいろなものを捧げようとしている民主よりは、現時点ではアメリカ寄りの自民のほうがはるかにマシだと思っています。

麻生総理が「国民に信を問いたい。どの党が国民の生活、日本を守るのかが争点だ」と言っているのは、そういう意味なのだと解釈しています。

庶民の生活もとても大事ですが、最も大事なのは将来の国益です。
Posted by しん at 2009年07月21日 19:17
アジア寄りの政策は、近隣国の都合で利用され、国益を失うような気がします。戦後処理についても韓国だけではなく、他の国、ひょっとしたら世界中へ波及しそうで危険です。

反日といえば、大事なことを忘れて、総理の揚足ばかりとっている報道のあり方も何とかして欲しいですね。

キャスターの中には、民主党に政権をとらせようと、視聴者を煽っている人もいますね。冷静で公平な報道をしてほしいものです。
Posted by マサオッチ at 2009年07月23日 08:42
マスゴミの中には反日報道局・反日新聞社がありますからね。
世論操作してるのがミエミエで困ったものです。
Posted by しん at 2009年07月23日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。