掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年07月16日

ノウィング

HOME映画・DVD > この記事

knowing

本日、映画館で鑑賞。

この映画をひと言でまとめると「現代版ノアの方舟」。

でも描き方が酷い。

選ばれることのない、生き残れない人間たちに、「おまえらこんな死に方するんだぜ〜」と、これでもかこれでもかとショッキングな映像を見せる。

VFXによるショッキングな映像とは、中型航空機がハイウェイに墜落するシーン。
そしてNY地下鉄が脱線して、停車中の地下鉄に激突し、駅構内にいる人たちを次々となぎ倒しながら駅ホームに進入してくるシーン。
太陽のスーパーフレア現象により地球が灼熱地獄と化すシーン。

ストーリーは米国批評家が酷評している通りに酷い。
VFXで描いた度肝を抜く大惨事シーンを大音響とともに映画館の大スクリーンで見せるためだけに作られた、といってもいいくらいの作品。

正直、あの場面に近い光景を現実に見たことのある人にとっては、吐き気を催し、トラウマが再び蘇るかのような映像だろう。

VFXはすごいのだが、VFXの使い方を間違えている。
こうした大惨事は、大きなスクリーン上で空想の世界で見るだけで十分だ。

観賞後、後味が悪いだけの作品だった。
 
 


タグ:映画



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD はてなブックマーク - ノウィング
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。