掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年07月15日

何をやるかより、何をやらないかが大切

HOMEつぶやき > この記事



一生のうち、自由に使える時間は少ない。
しかし、やることなんて、山ほどある。

自分では重要なことをやっているつもりだが、実はどうでもいいことをやってしまっていて、本当に大切なことをやらないうちに一生を終えてしまわないためには、本当に重要なことを重要と判断できるようになること。

すなわち、何をやるかを決めるためには、何が重要であるかを判断し、何をやらないかを決めることが大切。



ノーベル生理学・医学賞受賞、利根川進博士のありがたい言葉を借りて。



精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)
立花 隆 利根川 進
文藝春秋
売り上げランキング: 15041
おすすめ度の平均: 5.0
5 分子生物学を語る物語
5 抗体産生という神秘の世界を解明した人…。
5 立花氏の非科学的な面が出た本
5 研究者必読の本
3 精神活動は物質現象である



アンパンマンの歌詞

 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき はてなブックマーク - 何をやるかより、何をやらないかが大切
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。