掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年06月29日

「いただきます」を言わせない親

HOME社会 > この記事

最初は釣りかと思ったが、どうやら本当にいるらしい。

この件で検索すると、出るわ出るわ・・・

「いただきます 給食」Google検索結果

こうした発言をしている親曰く、「給食費支払っているんだから、"いただきます"と言う必要はないだろ」ということらしいが、こうしたことはその親の親、そして受けてきた教育が問題。
さらに、保護者側からの抗議に屈伏して、給食の時間に「いただきます」を言わないようになった学校もあるとのこと。

ということは、給食費を支払わない親で「いただきます」と子供に言わせているのは、「(タダメシを)いただきます」ってこと?


「いただきます」というのは、口に入れて食べる植物や動物に対して、「あなたのいのちをいただきます」という意味と、給食を作ってくれる人への感謝の意味というのは、昔からの常識。

こうした常識を教えてこなかったのは、その親を育てた親や教育者。
日本はここまで荒廃してしまったのか。

学校側に些細なことで因縁をつけたり、無茶な要求をするモンスターペアレンツという保護者が問題となっているが、これもその親の育ち方が悪かったから。

そしてそうした親の背中を見て育つ子供は、自分が親の世代になると、さらにパワーアップして…


日本オワタ \(^o^)/


給食を食べるとき、「頂きます」と言わすのって学校の横暴だと思いませんか? Yahoo!知恵袋

上のYahoo!知恵袋の質問者がしている質問一覧を見ると、まさにモンスターペアレンツ。
でも、どうやらこちらは釣りだったようで。
ネタ職人も大変ですね。


悲鳴をあげる学校―親の“イチャモン”から“結びあい”へ
小野田 正利
旬報社
売り上げランキング: 18371
おすすめ度の平均: 4.5
4 イチャモンが発せられる背景を読み取ることが大事
5 真の協力関係の構築
5 どちらかの味方ではなく
5 「学校」は、丸腰のままでいいか?
4 学校は大変ですよね・・・


 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 「いただきます」を言わせない親
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。