掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年06月26日

iPhone用AdSenseがスタート

HOMEビジネス > この記事



iPhone/Androidアプリデベロッパーにとっては、新たな収益手段がまたひとつできたので歓迎すべきところだが、これを主軸に据えるつもりはない。

Inside Adsense - 日本語: iPhone / Android アプリケーション向け AdSense の提供を開始します

あくまで収益化手段のひとつとして考えるべきだろう。

AdSenseといえば、ブログやWebサイトに掲載して収益を得ることができる手軽な広告だが、PCもモバイルも、ネット上のゴミ同然のいわゆるMFAサイトが多い。
MFAとは、"Made For AdSense"の略で、AdSense収入が目的なだけの、何のコンテンツを持たない無価値なWebサイト・ブログのことだ。いわゆるスパム・ブログにはこの手のMFAが多い。

MFAサイトがあいかわらず雨後の筍のように無数に出現している理由は、CMS利用でブログが製作できること、テキストエディタでのタグ打ち、簡易なプログラミングでWebサイト製作が出来るなど、参入障壁があまりにも低いのがその理由だ。

一方、iPhoneアプリの場合はアプリ開発、販売に漕ぎ付けるまでには一定以上の技術力、資金力が必要であり、Appleによる審査に通過する必要がある。

このため、ネット上に蔓延るMFAサイトのようなMFAアプリが出現する懸念は少ない。
そもそも、MFAなアプリだと、ユーザが試しにインストールしても、使い物にならないと判断されれば、ものの数分、いや、数秒使っただけでアンインストールされる可能性のほうが高く、せっかく時間とコストをかけて製作してAppStoreで公開しても、投資回収すらできないという状況になりかねない。

なので、やはり魅力的なユーザエクスペリエンスが得られるアプリケーションでないと支持はされない。

とはいえ、AdSenseのiPhoneアプリ進出は、多くのデベロッパーにとっては歓迎すべきところだ。
既にiPhoneアプリ上に広告を表示する仕組みはあるが、Google AdSenseは抜群の知名度があるために広告主も得やすい。従って、豊富な広告を表示させることができる。AdSense for iPhoneは後発だが、またしてもGoogleが先発企業を駆逐するのだろう。

しかし、何度も繰り返すが、デベロッパーはこれを収益の主軸に置かず、あくまで収益化手段のひとつと考えるべきだろう。iPhoneらしいアプリをユーザに提供すれば、おのずと収益はついてくると信じる。


というわけで、最高のユーザエクスペリエンスを提供するiPhoneアプリを開発して多くのユーザに提供するであります。



 
 
 


タグ:iPhone



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - iPhone用AdSenseがスタート
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。