掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年06月12日

イルミナティ 世界を強奪したカルト

HOME書籍 > この記事

イルミナティ 世界を強奪したカルト

イルミナティ 世界を強奪したカルト」を読了。

イルミナティといえば、最近公開された映画「天使と悪魔」では、ヴァチカン王国を滅ぼそうと企む秘密結社として描かれているが、本当のイルミナティの姿は、サタニストと銀行家の超巨大陰謀ネットワークである、というのが本書の主旨だ。イルミナティに関しては書籍「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」でも同じことが述べられているように、世界を裏で牛耳る秘密結社として、知る人ぞ知るところである。

書評「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」が、現在の金融システムの成り立ちとしてイルミナティがどう関わっているのかを述べているのに対し、本書はイルミナティそのものにスポットを当てたものだ。

イルミナティはユダヤ人のネットワークであり、そのうちの一派はフリーメーソンという名で実在している。彼らの陰謀は政治、戦争、経済、文化など、人間の生活すべてに及ぶ。

過去2度に及ぶ世界大戦、911テロ、金融危機も彼らが仕組んだものだと述べる。そんなバカな話があるものかと思いたくもなるが、それがイルミナティの陰謀であるとするならば、すべての話のつじつまがあう。これが陰謀論と呼ばれているものの正体だが、こうした話はどうにも釈然としない。陰謀であるならば、陰謀論が世間で明るみになった時点でなぜ陰謀の当事者が否定するなり何なりをしないのか。

これが本当のことだとして、ではどうすればよいのか。我々はイルミナティの陰謀の通り、第三次世界大戦を経て実現する世界新秩序(ニュー・ワールド・オーダー:New World Order)に基づく世界統一政府の下で、一部のトップエリートのもとで家畜のように働く人間を構成する階級制度に甘んじるしかないのか。

本書では、彼らが言うことを無視せよと言う。
イルミナティは現在の経済システムを牛耳っている。
ならば、そのシステムに依存しない生活、人生を送ろうと呼び掛けている。

これは「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」で述べられている、地域通貨を作ろうという呼びかけと一致する。


面白いのが、翻訳者によるあとがきで、イルミナティの駒である人物の名が5名記されていることだ。
彼らはことさらに人類の危機、世界経済の危機、を煽る書籍を立て続けに出版しているのだが、著者自身も同様な書籍を出版している。イルミナティの駒として記された人物との対談形式の書籍も出版しているので、「それはあんたも同じなんじゃないの?」と疑念を抱かざるを得ない。
 
 


タグ:書評



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - イルミナティ 世界を強奪したカルト
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。