掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年06月05日

他人が気になって仕方ない人たち―つらい人間関係から人生をとり戻す方法

HOME書籍 > この記事

他人が気になって仕方ない人たち―つらい人間関係から人生をとり戻す方法

「他人が気になって仕方ない人たち―つらい人間関係から人生をとり戻す方法」を読了。

「他人が気になって仕方ない人たち」、これを医学的には共依存と呼ぶらしい。
頼まれなくても他人の世話に明け暮れる。相手を喜ばせようといつも自分は後回し。そして、思いどおりにならないといって腹を立てる


こうした人というのは、

・他人がやっていることが「気になる」
・他人がやっていることが「気に入らない」から「気になる」
・自分と考えの違う他人が「気になる」
・自分と考えが違うから「気にいらない」

という傾向を持つ。

「気になる人」が気に入らないと、その「気に入らない」ことを周囲に誇張して吹聴して回る。その内容は誇張され、自己保身と自分を正当化するために相手を悪者に仕立て上げる。そして周囲に同意を求め、気になる「気に入らない」人を攻撃する包囲網を築け上げてしまう。
こうなると、ただのイジメの類だ。
陰口を叩き、「誰それが何を言った、何をした」とそのことで批判し合って、イジメ同盟を築け上げる。


人の性格というのは容易には治せない。
長年にわたって自分の精神に根差したものというのは、わかっていてもなかなか変えられないものだ。

所詮、他人は他人。
相手に過度の期待をするだけ無駄だ。

なので、こうした人との接触は敬遠すればよい。

「自分は変えられるが、他人は変えられない」と考えれば気が楽になる。


関連記事:
書評「共依存症 いつも他人に振りまわされる人たち」
書評「友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル」   
人生案内
   
 


タグ:書評



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 10:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - 他人が気になって仕方ない人たち―つらい人間関係から人生をとり戻す方法
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
「過去と他人は変えられない」

そう思ってます。

ええ。
私の周りにも「共依存」な人がいましたねぇ(遠い目
自分のココロとイメージの中で 「関係切り」 というスイッチが入ったら、自然とその人は私の前から消えますw
Posted by 千夏 at 2009年06月05日 18:39
お互い、人生修業中の身ですな☆
Posted by しん at 2009年06月05日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。