掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年05月25日

人生を劇的に変える東国原式勉強法

HOME書籍 > この記事

人生を劇的に変える東国原式勉強法

人生を劇的に変える東国原式勉強法」を読了。

御存知、東国原英夫は宮崎県知事として就任して以来、宮崎県の宣伝マンとして全国を奔走する日々を送っている。

お笑い芸人「そのまんま東」だった41歳、スキャンダルで叩かれ無職状態に。そしてこれをきっかけにして、これまでの人生を180度大きく変えるべく勉強に集中することを決意、大学に入学して政治家となるための学問を専攻、のちに宮崎県知事となったことはあまりにも有名である。

そんな東国原英夫がどんな勉強をしたのかを記したものが本書だ。


勉強法を記した本は他にいくらでもある。なので、勉強法自体がとりたててすごいという内容ではない。
すごいのは、41歳にして「このままでは自分がダメになる。どげんかせんといかん」と決意して行動したことだ。

つまり、この本は「人生、何歳からでもやり直しはできる。自分がその気になったのならば」ということを40代以上の男女に向けたエールなのである。

本書の記述の中に、なぜ自分がマラソンをすることになり、マラソンをすることが如何にすばらしいことなのかを記した部分がある。

なぜマラソンをすることがよいのかについての部分が、自分がマラソンについて感じていることと100%シンクロしていることに驚く。

マラソンの魅力のひとつに「無」の境地がある。
ひたすらゴールを目指して走る。走るときは日常のことは一切考えない。ただ走ることに集中する。走ることと違うことを考えれば、すぐにタイムに影響する。別のランナーに抜かれ、目標タイムに届かなくなる。
目標タイムでゴールするためには、自分の体の状態と常に対話し、風や気温、日射の状態という外的要因をうまくランニングに取り込まなければならない。

目標タイム以内にゴールできれば喜び、オーバーしたならば、その悔しい感情を次のマラソンに向けてトレーニングを積む。
走り続けるためには、繰り返しの練習(行動)が必要なのである。

マラソンとは人生の縮図である。
そんな魅力が、人々をマラソンブームに駆り立てているのかも知れない。
 
 
 


タグ:書評



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - 人生を劇的に変える東国原式勉強法
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。