掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年05月13日

欲情の作法

HOME書籍 > この記事

欲情の作法

渡辺淳一著「欲情の作法」を読了。

渡辺淳一と言えば、愛の流刑地〈上〉 (幻冬舎文庫)や、失楽園〈上〉 (角川文庫)でおなじみの小説家。

この本についての読後感をひとこと。

 このエロジジイ!


敬意をもって、こう思わずにはいられない。

「老いてなお盛ん」というか、この人はあの御歳において、なぜこのような本を書き続けることができるのでしょう。

この本は、オトナの男と女のための恋愛指南本である。
いわゆる「ハウツーマニュアル」だが、元医者だけあって随所に医学的考察を散りばめてある。

自らの実体験を晒しながらも、男と女の精神的・肉体的・生理的な違いを理解した上での恋愛指南は、かつてバブル期に出版されていたティーン向け男性誌「HOT DOG PRESS」を読んでいた世代には懐かしく映るかも知れない。

でもそこは「アイルケ」「失楽園」の渡辺淳一の書である。
アノ部分の解説は渡辺淳一ならでは。
甘美なる大人の世界を描き続ける小説家なので、じっくりと、そして刹那に指南する。

タイトルこそ『欲情の作法』と、これまた刺激的だが、内容はいたって真面目だ。




つか、なんでこんな本読んだんだ?、俺(笑)
   
   
   


タグ:エッセイ



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - 欲情の作法
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。