掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年04月25日

3択

HOMEビジネス > この記事

中国の強行に対してとれる、世界各国の策は3つ。しかし、とらなければならない策はただ1つ。

中国、IT商品のソースコード開示義務付けへ 世界が猛反発


1. 中国を説得してソースコード開示義務を撤回させる。
2. 中国向けには機能制限した製品のみ輸出、製造。
3. 中国の要求に屈する。


3は何としても避けなければならない。2は製造コストが余計にかかり、利益圧迫となる。従って、当然のことながら取り得る策は1のみだ。

「情報セキュリティー対策に必要だ」という中国の主張は建前であり、本音はプログラミング技術、システム構築技術が喉から手が出る程、欲しいというのは容易に理解できる。

世界中の企業や国家がスパイ規制、知財流出規制を強化しており、このことが今回の中国の強行手段に出たことも容易に想像できる。

ここで中国の要求に屈してしまうと、世界経済圏は将来大変なことになる。



関連記事:
中国は国家レベルでパクリを合法化しようとしているらしい


「中国が目論む世界支配」の正体
ベンジャミン・フルフォード
扶桑社
売り上げランキング: 4417
おすすめ度の平均: 4.0
3 四川大地震はアメリカの画策!?
5 中国が目指す大東亜共栄圏構築を正しく導くことが日本の歴史的課題
4 なかなか
5 世界経済の将来が分かる!!


 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - 3択
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。