掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年04月24日

iPhone AppStoreが10億ダウンロード達成

HOMEインターネット > この記事

appstore10m

2008年7月のストアオープンから9ヵ月で10億ダウンロードを達成。

アプリケーションには有料のものだけではなく、無料のものもあるので、ダウンロードされた全てのアプリケーションについてユーザが対価を支払ったということはないが、ひとつのマーケットプレイスで10億のダウンロードをわずか9ヵ月で達成したのは偉業である。

iTunesミュージックストア(iTMS)の10億曲ダウンロード達成には約2年10ヶ月を要したというからこのスピードは驚きだ。

アップルのiTMS、ついにダウンロード数10億曲を達成

そして、既に世界的なモバイル広告シェアはスマートフォンBrackberryに搭載するRIM OSを抜いてiPhone OSがトップシェアとなっている。

モバイル広告シェアでPalmに並んだAndroid。但しiPhoneが依然として大差でリード

iPhoneの世界的な売上増によりAppleの業績も伸びている。

日本ではiPhone3Gの登場初期以外は売れていないなどとエセアナリストによる憶測がなされたが、今年2月にスタートしたSoftBankによるiPhoneの実質的な値下げキャンペーンにより売上が急増している。

第一世代iPhoneの登場は2007年。
そして昨年7月のiPhone3Gの登場からiPhoneのシェアが一気に爆発的に伸びた。そして今夏には第三世代iPhoneが登場すると噂されている。

今年、中国でiPhoneの導入がされるという。
世界的なシェアをさらに伸ばすのは疑いようがない。

普通に使っている個人のiPhoneユーザには、世界的なシェア向上はメリットを感じないかも知れない。
しかし、世界的なシェア向上が図れるということはより豊富なアクセサリの登場、アプリケーションの登場が期待できるということであり、Appleの利益増によりiPhone本体のハードウェア・ソフトウェア機能の性能アップも望めるということである。

誰よりもこの状況を喜んでいるのは、アプリケーション開発デベロッパーなのかも知れない。
 

■10億ダウンロード達成の瞬間

 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット はてなブックマーク - iPhone AppStoreが10億ダウンロード達成
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。