掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年04月04日

生キャラメル商標登録という愚

HOME食べる・飲む > この記事

花畑牧場 生キャラメルバナナ味

既に知っている人には「なにをいまさら」的なことだが、「生キャラメル」を2008年5月に花畑牧場経営者の田中義剛が商標登録出願しているようだ。

特許電子図書館 商標検索

※上記サイト検索結果より引用。
【出願番号】 商願2008−34597
【出願日】 平成20年(2008)5月2日
【先願権発生日】 平成20年(2008)5月2日
【最終処分日】
【最終処分種別】
【出願種別】
【商標(検索用)】 生キャラメル
【標準文字商標】
【称呼】 ナマキャラメル
【ウィーン図形分類】
【出願人】
【氏名又は名称】 田中 義剛
【類似群】 30A01
【国際分類版表示】 第9版
【区分数】 1
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
30 菓子及びパン



しかしながら、生キャラメルを最初に販売しはじめたのは、北海道興部町のノースプレインファームである。

たしかに現在の生キャラメルブームを作り上げたのは、花畑牧場ではあるが、「生キャラメル」自体は別の企業が創り上げたものだ。



北海道内、いや九州その他各地で「生キャラメル」の名を冠した商品は販売されている。花畑牧場は「生キャラメル」人気を独占したい、他の製造販売企業からライセンス料を取得したいという意図があるのかも知れないが、こうした手法は当然ながら批難を浴びることとなる。

いずれ商標登録差し止め請求がなされるであろうが、万が一商標登録が認可されたときが、花畑牧場のひとつの転機となろう。


民放キー局が一時期、花畑牧場を取り上げて宣伝番組を放映していたが、持ちあげるだけ持ちあげて、ある局面になると一気にズドーンと突き落とすのはよくあることですね(笑)


Yahoo!知恵袋 田中義剛氏が「生キャラメル」の商標登録出願をしています。



関連記事:
花畑牧場 生キャラメルカフェ@新千歳空港の商品はなぜこんなに高いのか
   
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる・飲む はてなブックマーク - 生キャラメル商標登録という愚
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。