掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年03月15日

副業が人気らしいが

HOME社会 > この記事

不景気により副業を容認する企業が出現している。

数年前に「週末起業」なる言葉が流行したが、今年に入ってまた注目されているとのこと。

副業でやってみたいランキングというのがgooで公開されている。

これから行ってみたい副業ランキング

第一位は「ブログや自作ホームページでの広告・アフィリエイト収入」とのことだが、これはすぐに収益化することはかなり大変なので、即座に現金化することを求めるのなら、第二位以下をやったほうがいいと思うのだけど。

やはり在宅で出来、一度公開してしまえば「ほったらかしで」儲かるというイメージがあるのだろうか。

上記のサイトの第一位のリンクをクリックすると、gooで「ブログ アフィリエイト」を検索した結果が表示されるのだが、見事に怪しいサイトが多数並んでます・・・

新たに副業を始めようとする人たちを狙った悪質な商法(カネをとってセミナーや塾開催)が社会問題化しているとのことだが、そもそも無料で出来るのものにカネを払うこと自体が間違いである。
参加する人たちはコンサル料を払っているつもりなのだろうが、実効性が乏しいものにカネを支払っているということの認識がない。

こうなると「無料セミナーを開催せよ、そうすれば悪徳商法(詐欺的な情報商材、塾、セミナーなど)は蔓延らなくなる」という意見が出てくるが、無料セミナーで提供される情報というのは一般的で普遍的なノウハウである。ビジネスノウハウというのは誰にでも通用するということはない。おかれている環境や制限事項、対象とするカテゴリが、個人によって異なるためだ。
最終的には自分で考え、試行錯誤しながら自分のノウハウというものを積み上げていかなければならない。


現在、これらの関連書籍で書店で出版されているノウハウ本の多くは、既に役に立たなくなっているものか、ネットで調べればヒットする程度の、無料で手に入る、既に知られているものである。
あるいは、著者自身の権益が侵食されない範囲でしか書かれておらず、具体的な記述がなく、曖昧でぼやけたことしか書かれていないものだ。

本当に収益を上げることができるノウハウというのは、表には出てこない。ノウハウというものは自分が長い時間と失敗の繰り返し経験により培ったものだからだ。本当に成功した内容は、それを自分だけのノウハウにして、他に漏らすことなどはしない。他人に情報提供すればその分、自分の領域が侵食されるからである。



関連記事:
考えが甘い
ゴミノウハウ本は資源の無駄
アングラな商売に手を染める者は信頼されない
知的財産権
 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 副業が人気らしいが
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。