掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年03月05日

阿久根市長は漢なのかも知れない

HOME社会 > この記事

大阪府知事も追従の意向。

全職員の給与公表を検討=匿名なら「問題ない」−橋下大阪知事

自分のブログで「辞めてもらいたい市議員アンケート」を実施した阿久根市長。その行動などにおいて、いろいろと物議を起こしたが、市職員の給与を大阪府に先駆けて市のサイトで既に公表。

鹿児島・阿久根市長:全職員の給料、1円単位で公表 「人件費高すぎる」

大阪府知事、阿久根市長ともに民間出身ということで、就職したときから公務員にどっぷり浸かって役人思考で生きている人からは考えられない行動で風穴を開けている。

公務員の給与を住民が知るというのはいいことだ。
「公僕」である公務員は税金で仕事しているので文句など言えない。言える立場ではない。

小さな行政区でも意外に高給が支給されている自治体はあるだろう。
ただ、公務員が高給を貰っているのが問題ではない。
高給に応じた行政サービスを住民に対して行っているかが問題なのだ。

しかしながら、過去8年近く民間会社員として、人口30万人の中規模自治体に常駐して勤務してきた自分は、行政サービスに真摯に取り組む公務員をわずか一人も見たことがない。

阿久根市長のブログには次のように書かれている。
さるさる日記 阿久根時事報
 年収700万円以上の職員が54パーセント、大企業の部長以上の給料を受取る人間が過半数にもなる組織が阿久根市民の上に君臨しているのだ。
給与と手当だけで17億3千万円、市の人件費として更に退職手当や共済年金などのための支出が加わる。 阿久根市の税収はわずか20億円。今後は景気の悪化で税収は更に減るだろう。市民は収入の減少で生活維持に必死だ。
 経営という観点から市役所人件費の状態を見れば滅茶苦茶だ。
職責や能力と給料の関係もデタラメとしか言いようがない。良心の破綻した経営に無能な人間が選挙で選ばれてきた結果だろう。


まさにその通り。



もうひとつ、言っておくことがある。
世界金融危機に端を発する現在の不景気により就職先として公務員人気が再燃している。
親方日の丸という安定志向から、公務員への就職を希望する者が増えているのだが、安定志向から公務員を選択するような人材は使いものにならないといっていい。

「こっぱ役人」的な公務員が醸成され、仕事のスピードが極端に遅く、書類にハンコ押すのが仕事と考えるような人間が出来上がるだけだ。

公僕として生きることが動機ではない公務員は、公務員ではない。
 
公務員の異常な世界―給料・手当・官舎・休暇 (幻冬舎新書)
若林 亜紀
幻冬舎
売り上げランキング: 20863
おすすめ度の平均: 3.5
1 異常な本
4 悔しかったら公務員になれ!
5 すごいリアリティ
3 税金の無駄遣いはこいつらだ!
5 槍玉にあがった緑のおばさんの平均年収800万

 
 






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 阿久根市長は漢なのかも知れない
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。