掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年03月01日

Give & Take ブログパーツ提供者がブログパーツを薦める理由

HOMEインターネット > この記事

ブログに貼りつける手軽なコンテンツ補強手段として利用されることの多いブログパーツ。

そのブログパーツを利用する目的がビジネスであるにしろ、単に見た目の華やかさを演出するためのコンテンツ補強であるにしろ、ブログパーツを提供する側は利用者に利用してもらうことのみが目的というわけではない。

ブログパーツ提供側としての最大のメリットは、ブログパーツにはSEOに強力な有効性があるということだ。

ブログパーツを提供することによって、不特定多数のサイトからの被リンクを受けることができる。
すると、ブログパーツ提供者のサイトについて検索エンジンからの評価が上がり、検索において上位表示が獲得できる。そのサイトに広告なりアフィリエイトリンクなどを掲載しておけば、コンバージョン率の向上につながる。

逆に、ブログパーツを貼り付けている側にとっては、リンクジュースを外部に流出させることにより、検索エンジンからの評価を低下させてしまうことが懸念される。これがそのブログのすべての記事に掲載されていたら、大きなリンクジュースの流出となる。

※リンクジュースとは
あるページにリンクを張ると、そのページが持っている「価値」の一部がリンク先のページに与えられる。その価値のことを「リンクジュース」と呼ぶ。
検索エンジンが検索結果にページを表示する順位を決定する際に考慮される数百もの要素の1つであり、あるページが他のページにリンクを張るということは、リンク先のページを支持しているとみなすという考え方が基本となっている。
 ■SEOにおけるリンクジュースの流れについて、図解で説明しよう  Web担当者Forumから引用

ブログパーツ提供側に強力なSEOメリットがあるということは、ブログパーツを使う側にはそれに応じたデメリットがあると考えるのは自然だ。

ブログパーツを提供する側は、一旦ブログパーツを掲載したならあとは放置したままでよいという利便性の供与や検索エンジン対策上の有利を説くことが多いが、こうしたデメリットの可能性は当然のことながら公表されない。

ブログパーツ以外に、APIを提供するWebサービスや無料アクセス解析サービスなどの無料サービスも、こうしたSEO的なメリットを享受することが目的のひとつだ。

ようするに、そこにはビジネス上の思惑があるのである。


利用する側はこうしたメリット、デメリットを考え、そのサービスを利用するか否かを決めることだ。
世の中、Give & Take なので、便利なサービスを無料で使わせて貰えるなら、提供側に利益供与をするのは構わないと考えるというのもひとつの考え方だろう。

ご利用は計画的に。



ちなみに、自分は自分のサイトの運営においてAPIを利用することはあるが[積極的に]ブログパーツを使うことはない。(このブログでは使ってるけどねw)ブログパーツと同等以上の機能を自作できるし、その機能を自サイトに最適化して搭載したほうが、サイトデザインに溶け込ませることができ、コンバージョン率は圧倒的に高い。

ブログパーツは案外簡単に自作できます。
あとは、やる気次第。


YST(yahoo)変動に関する考察。ブログパーツを使ったSEOが強力


自分で作る blog ツール
石川 直人
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 201552
おすすめ度の平均: 4.0
1 データベースを使わないなんて!
4 PHPによるWEBアプリケーション構築の学習材料としてピッタリの好著
4 挑戦したい!
5 PHP初心者向け!
5 Web アプリケーション構築の基本がわかる


  
  





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット はてなブックマーク - Give & Take ブログパーツ提供者がブログパーツを薦める理由
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。