掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年01月12日

テレビ朝日の番組「ウソバスター!」は「ウソバレター!」

HOMEテレビ > この記事

テレビ朝日は新年早々、「アサヒる」を実行したようです。

「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作 読売新聞
番組撮影用にブログ自作 テレ朝の情報バラエティー 朝日新聞

※読売新聞記事
同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。


※朝日新聞記事
テレビ朝日広報部の話 実際にあったブログなどから撮影許可が得られず、番組で撮影用に同じ趣旨のブログを作成した。担当した番組制作会社から実在したブログなどネット情報のコピーを示されており、捏造(ねつぞう)ではないと考えている。



この件の問題点:
・読売新聞の報道によると「再現」したとあるが、「再現」ではなく、パクリである。つまり著作権法違反。
・そもそもこの番組の主旨が「インターネット上の情報は嘘が多い」とする、広告費をネットに取られて業績が悪化しているオールドメディア特有の「ネット憎し」的なプロパガンダ番組である可能性が高い。
・実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったというのならば、情報元であるそのブログURLを明示して、どのブログを見て番組を作成したのかを視聴者に明確にすべきである。それができないのであれば「情報提供元ブログの存在」「撮影許可がとれなかった」自体が嘘である可能性も否定できない。


朝日新聞と読売新聞の報道の仕方の違いが興味深い。
テレビ朝日と同系列である朝日新聞は「捏造ではないと考えている」と弁明を掲載している。
 
ミイラとりがミイラになったというオチということだが、この弁明の仕方は火に油を注ぐ結末になるだろう。「ウソバスター」は「ウソバレター」となり、「ウソデシター」という謝罪会見となる。



この件は放送倫理委員会にかけられ、対応がなされるとは思うが、同じような捏造番組、やらせ報道が後を絶たないところを見るにつけ、オールドメディアというのは自浄作用がないということがよくわかる。提灯嘘レビュー満載の広告収入目的の個人ブログ、怪しげな商材販売サイト、スパム、毎日新聞英字版の変態報道など、ネットの世界はそれ以上に酷いとは思うけど。


放送倫理委員会の公式サイトに、視聴者の意見が掲載されている。

放送倫理委員会 視聴者の意見

どれも番組内容に対する苦情である。偏向報道や、低俗でモラルに反したり、いじめや虐待を助長するバラエティ番組・お笑い番組に対するものだ。こうした意見が、テレビ局の収益悪化に反映されている。ただ、こうした意見があってもまだまだ番組内容に活かされていないのは、あいかわらずテレビ局が視聴率至上主義から抜け出せないからである。


 


タグ:テレビ



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ はてなブックマーク - テレビ朝日の番組「ウソバスター!」は「ウソバレター!」
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。