掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年01月05日

SHINE A LIGHT

HOME映画・DVD > この記事

shinealight

2009年、1本目の映画館での観賞作品は「シャイン・ア・ライト」。

これを映画と呼んでよいものか。
映画監督が撮影したライブ・ドキュメンタリーだから、映画と呼んでもOKなんだろう。

出演は「ローリング・ストーンズ」。
ニューヨークのビーコン・シアターという、わずか2800人収容の小劇場で開催された1夜限りのライブを録画。

これは単なる音楽映画ではない。
自らがローリング・ストーンズの熱狂的なファンである、アカデミー賞受賞監督であるマーティン・スコセッシ監督が、スタジアムではありえない臨場感を出すためにこの劇場を選び、舞台装置、音楽にあわせた照明、撮影のコマ割までを演出。

とにかく圧倒される。

その音響に。

その音楽性に。

映画館全体がコンサート会場になる。


ローリング・ストーンズはデビューして45年。
メンバーは全員初老だ。
体に皺は刻まれ、白髪だらけだ。

しかし、贅肉はない。
ロッカーは永遠に筋肉質でなければならない。
ロッカーは永遠にシャウトしなければならない。

その命題を自ら具現する。

ミック・ジャガーがステージを駆け回り、飛ぶ。
キース・リチャーズがギターを激しく掻き鳴らす。

ロックあり、カントリーあり、バラードありの122分。

アメリカの底力を見た気がする。

この調子で、いまのアメリカの危機を乗り切って欲しいと感じて、劇場(映画館)をあとにした。

Shine a Light (Ws Dub Sub Ac3 Dol Sen) [DVD] [Import]
Paramount (2008-07-29)
売り上げランキング: 2350



 
 



タグ:映画



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD はてなブックマーク - SHINE A LIGHT
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。