掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2009年01月04日

恐慌前夜

HOME書籍 > この記事

恐慌前夜

恐慌前夜」を読了。

新年に読む本としては、とんでもない本になるかも知れないが、本当にトンデモ本であった。

いま書店のビジネス書棚に行けば、世界金融危機を扱った本は山ほど出版されている。この本もその類のもので、サブプライムローン問題から拡がった世界金融危機、これからどうなるのか、どうするべきかを記している。

今後の日本、米国政府の取り組みが失敗し、ハードランディングすれば、この本で書かかれているように預金封鎖という事態は避けられないかも知れない。
しかし、去年よりもさらに景気減退が予測され、実際にそうなったとしても、2〜3年かかったとしてもいずれ景気は上向きになると信じる。

この本がトンデモ本である所以はこうだ。
巻末に著者がこう記している。
私は金融・経済の先読みで予測・予言をはずさない。これまでずっとはずさないでやってきた。その評価をすでに得ている。私はいよいよ、次は霊能者になることを目指そうと思う。私は先が見通せる。この先にどんな大きな悲劇が待ち構えているのかが分かる。私の言うことを信じてくれる人々は、賢く行動して御自分の資産を守るだろう。


  ( ゚д゚)ポカーン

まぁ、アレだね。
最悪の事態に備えて用心しておくに越したことはないとは思う。
こうした本で警鐘を与えるのもよい。
実際にリスク回避行動を取る人もおり、自分もその一人だ。
だがしかし、危機感を持って読みすすめた最後のオチが「霊能者を目指す」では、椅子からズリ落ちそうになり、失笑したくもなるというものだ。
 
 



タグ:書評



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 はてなブックマーク - 恐慌前夜
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。