掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年12月24日

あなたとは違うんです for Business

HOMEビジネス > この記事

ラスト・クリスマス

クリスマス・イブですね。

とはいえ、事業を営んでいる人にとっては1年365日、24時間体制で仕事モード。寝ているときにだって、アイデアが夢に浮かんできて、忘れないようにメモにとったり、起きて行動に起こすこともある。気が休まることなんてネーヨ!


今後数年は不景気がさらに深刻になることが確実となる。
かつて誰も経験したことのないことを、誰もが経験するようになるだろう。

しかし、この不景気はチャンスでもある。
新しいことをしようとしている事業者にとっては、新しい時代に乗ることのできるチャンスだと考えている人も多い。
そう考えて夢をもって取り組まなければやってられないという事情もある。暗い顔ばかりしていたら、幸せも逃げてしまう。

戦争が起きなければなんとかこの事態はしのげるとは思うが、今後アメリカなどがデフォルト発動したときに戦争が起きないとは限らないし、そのときに日本が巻き込まれないという保障もない。ま、情報伝達スピードが早く、意志疎通の図られやすい現在においては、その可能性は低いとは思うが。


ビジネスで生き残るためには、
・人と違うこと
・人にできないこと
・人が真似できないこと
・人がやらないこと
をしなければならない。

その上で、
・商品、サービスのクオリティを上げ
・ユーザ志向で利便性のよいもの
を提供することである。

小手先のテクニックに左右されない、その他大勢がやっていることとは違う、「あなたとは違うんです」なことをやるしかない。



そのためには、
「退路を絶つ」姿勢で物事に当たること。

物事を遂行するに当たっては、充分なシミュレーションを行い、最悪な事態となったときのことを想定して行動するという「退路を確保」することも必要だが、いかに退路を絶つ覚悟で取り組めるかが成否を決める。「もしダメだったら、こっちがあるからいいや〜」という姿勢だと取り組み方もいい加減なものになる。

衣料小売業のユニクロは、現在大ヒット中のヒートテックの開発に5年を費やしたという。大ヒットしたフリースのあと、業績が低迷して野菜販売したり、早すぎた海外進出の失敗など迷走した時期もあったが、見事返り咲いた。

ファースト・リティリング社長のテレビでのインタビューで一番印象に残った言葉は、
「たくさん失敗すること。そしてそこから学ぶこと」
「早く失敗して、早く行動すること」
まさにファースト・リティリング(素早い小売業)の精神だ。

プロ大リーガー・イチローも、少年野球教室の講話として、
「いっぱい失敗して、そこからなぜ失敗したのかを学ぼう」
と話していた。

リスクをとらなければリターンもない。リスクテイクできないサラリーマン的思考では、いつまで経ってもいまのまま。

と、自分に言い聞かせてみる。
 


一勝九敗 (新潮文庫)
一勝九敗 (新潮文庫)
posted with amazlet at 08.12.24
柳井 正
新潮社
売り上げランキング: 120
おすすめ度の平均: 4.0
4 確固とした芯を持ち、そのために絶えず変化をするということ
4 第一線の経営者の著作
5 ■経営者の苦しみがリアルに伝わってきました
5 この努力と行動力があってこそ、今のユニクロがあるのだろう
5 ベンチャー企業勤務の方必見!!

 
 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス はてなブックマーク - あなたとは違うんです for Business
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。