掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年12月22日

働かない中高年を働かせろ

HOME社会 > この記事

派遣社員、非正規労働者を切るよりも仕事しない正社員を切れ、というのはもっともな話だが、彼らは労働基準法に守られている。

働かない中高年リッチ解雇せよ 「正社員」保護しすぎ論が台頭"

働かない中高年を切ったからといって、それで社会がよくなるわけでもない。失業者の元職業が派遣社員や非正規労働者から正社員となるだけだ。

住宅ローンや教育費を抱える中高年層が失業すれば、あっという間に自殺する人が続出するだろう。いまの中高年は派遣社員や非正規労働者よりも社会耐性がない。長年ひとつの企業に勤めているため、他の企業のことなど知らず、会社の外に放り出されれば右往左往するばかりだろう。すぐに次の仕事が見つからない事態は派遣社員や非正規労働者と同様である。

ではどうすればよいか?

当たり前のことだが働かないと賃金が貰えない仕組みにすればよい。
成果主義は企業内の風通しを悪くしてお互いを助け合わない社風を作り、逆に業績を悪化させるなどと弊害もあるようだが、正しい評価システムをつくりあげればよい。
年功序列は日本企業が作りだした制度でよい面(定着率の向上)など)もあるが、歳とともに給与が上がっていく制度は、これからの時代は必要ではない。

業績と連動、実績と連動、これでよい。
働きのよい社員の給与は上げ、働きの悪い社員の給与は下げる。
管理職の給与は自分の部署の業績に連動して決める。
もちろん、正社員としての権利である福利厚生などは保証する。

ただ、その評価をする層が当の中高年であれば、自分たちにとって都合のよい仕組みになるのはおのずと推測がつく。


ま、こういうのは経営者が取り組む問題。


日本の賃金―年功序列賃金と成果主義賃金のゆくえ (ちくま新書)
竹内 裕
筑摩書房
売り上げランキング: 5730
おすすめ度の平均: 5.0
5 「賃金」を考える機軸になりました








ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - 働かない中高年を働かせろ
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。