掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年12月21日

エコエコ詐欺

HOME社会 > この記事

環境問題はなぜウソがまかり通るのか3 (YosenshaPaperbacks(035)) (Yosensha Paperbacks)

エコ検定なる検定試験が今日、実施されたそうだ。

エコに対する認識を深めるためという目的で行うことはよいとは思うが、最近林立する検定試験は主催者側の収入目的であるだけの場合があるので、注意が必要だ。

受験者は就職に有利だとか、企業アピールだとか、企業内での評価を高めるためという目論見のもとに受験しているとのこと。

10数年前に、資格ブームなるものが起きて、キャリアップのための資格取得が流行したが、一定度の知識量を図る仕組みとしては有用だとは思うが、資格を使う場面もないのにやみくもに取得するだけの資格オタクになってしまっては本末転倒である。

事業をする上で資格取得が要件となっている業種はもちろんあるが、本来仕事をする上で必要となるのは資格ではなく経験と実力だ。

検定試験と資格試験は別モノであるが、個人的には国家資格試験以外の受験は無意味だと思う。


エコロジーという洗脳 地球温暖化サギ・エコ利権を暴く[12の真論]
副島 隆彦 SNSI副島国家戦略研究所
成甲書房
売り上げランキング: 808
おすすめ度の平均: 5.0
5 対立論争の重要性
5 21世紀洗脳戦争
4 鋭い、鋭い、笑える。
5 排出権取引は金儲けの手段に過ぎなかった

 
  





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 はてなブックマーク - エコエコ詐欺
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。