掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年12月08日

NAHAマラソン 2008

HOMEスポーツ > この記事

NAHAマラソン

NAHAマラソンに出場してきました。
今年で第24回目を迎える本大会、申込者は3万324人がエントリーし、2万6973人が参加したとのこと。

1万8654人完走 NAHAマラソン 琉球新報

制限時間内の6時間15分以内に1万8654人(男子1万4628人、女子4026人)が完走した。完走率は前回大会の64・36%より4・8ポイント高い69・16%だった。


うち、沖縄県外からの参加者が約1万2000人ということで、観光イベントのような大会でした。
実際に、前日の沖縄行きの飛行機内、那覇空港、翌日の那覇市内や那覇空港はマラソン参加者らしき人ばかり。

3万人規模ということで、仮設トイレの数もたくさん。
NAHAマラソンの仮設トイレ
ニューヨーク・シティ・マラソンもこんな感じだったなぁ。


スタート
午前9時、奥武山陸上競技場近くの明治橋をスタート。
申告した予定完走時間順に決められたゼッケン番号のプラカードの後に並んだのですが、4時間半台で申告していたので、スタートラインを踏むまでに7分かかりました。

遅い完走時間で申告したゼッケン番号(ゼッケン番号の数値は大きい)の人達が前のほうに割り込んでいたため、余計にかかった気がします。

何よりもウザかったのが、この連中は「遅い」。
スタート後は市内中心地を通るために片側1〜2車線がコースになっていて、道幅は狭い。

なので、この遅い連中を追い抜くために右へ行ったり左へ行ったりしなければならなかったこと。なかには遅い者同士で固まって走るので抜くことができない区間もあってイライラさせられました。
案の上、2〜4kmも走ると遅い連中は脱落して、歩いていたり、失速していきました。
スタート前に「正しい位置に整列しない者は失格」と何度もアナウンスされているにもかかわらず、これを無視する者が続出。

なぜ、ゼッケン番号順に並ぶのかというと、同じくらいの速度で走るランナーが、スムーズに走れるようにするためです。
これを守らずに遅いランナーが前に走ると、予定タイムが出せないおそれがでてくる。

最終ランナーがスタートラインを踏むまでに30分かかったとのことですが、ルールは守って欲しいものです。


グチはこれくらいにして、このマラソンは参加者には楽しめる要素がいっぱい。
「太陽と海とジョガーの祭典」というサブタイトルがついたNAHAマラソンは、思い思いの扮装で走る人がたくさんいます。

せんとくん
キモキャラで話題の「せんとくん」とか、

サンゴランナー
サンゴ礁とか、
サンタクロースとか、クリスマスケーキとか…

でも、かぶりものをすると汗をかいて重くなる上、体温が上昇して熱中症になりやすいので、ウケ狙いでもやめたほうがいいと思うんだけどね。


国際通り
コースは「奇跡の1マイル」と言われた国際通りを抜け、

南風原町
のどかな南風原町、八重瀬町を南下、

中間点
沖縄本島南部の平和祈念公園の中間点へ。

ここまでは小刻みなアップダウンの繰り返し。
多くのアップダウンは前半にあるので、多くのランナーはまだ余力はあるでしょう。

NAHAマラソンの最大の特徴は沿道の応援がものすごいこと。

沖縄伝統芸能「エイサー」で迎えたり、
エイサー
エイサー応援

三線を弾いたり、バンド演奏だったり、ZARD「負けないで」がかかっていたり、「YMCA」が流れていたり、

YMCA地点
「YMCM」が流れている東バイパスの地点。
ここを通りすぎる時は、ランナーの誰もが「ワーイ・エム・シ・エー」でポーズを決めます。



海沿いのコース
ひめゆりの塔を過ぎると、海が見えてきます。

エイドステーションは公式には、給水と救護、スポンジ(水を含んだもの)が15箇所あるのみですが、私設エイドが沿道のいたるところにあります。

口に入れるものは水、スポーツドリンク、塩、みかん、アイスキャンデー、さーたあんだぎー(沖縄の伝統菓子)、黒糖、チョコレート、沖縄そば、オリオンビールなど。

エイドステーション

その他はマッサージ、エアーサロンパスなど。

エアーサロンパスやマッサージはレース後半で足が疲れた人は受けた方がいいかも。
かなり走るのが楽になります。

ただ、横になってマッサージを受けるのは時間がかかる上、それまで走っていたのをうつぶせの体勢にしなければならず、体調が変化することもあるので、そのつもりで受けましょう。

私設エイドにオリオンビールが置いてある箇所がありますが、あれはシャレなので手を出さないように。
マラソン中にビールを飲むと脱水症状を起こして危険な状態になります。

あと、黒糖やみかんなどの固形物は口のなかで溶かしてから胃に収めるように。

激しい運動中に胃の活動をさせるのは強い負荷がかかります。
みかんの場合は果汁だけ吸って皮は捨てましょう。

糸満市
糸満市を北上して那覇市を目指します。
コース後半は強いアップダウンはほとんどないので気持ちよく走れます。

那覇市内
那覇市内に入り、那覇空港への小禄バイパスのなだらかな上りを登りきると、後は下り。

ゆいレール(モノレール)路線の下を走って、ゴールへ向かいます。

奥武山公園
奥武山公園に入ってゴールへ。あと550m。
ここからは沿道の人たちのものすごい応援に迎えられます。

奥武山陸上競技場
奥武山陸上競技場に入ってトラックを半周して、

NAHAマラソンゴール
ゴール!!!!!


着替えが済んだら、なんといってもオリオンビール!!
とりあえずビール



「ジョガーの祭典」の名の通り、国内のマラソン大会のなかではレジャー性の高い楽しい大会と言えるでしょう。

12月とはいえ、太陽が照りつけると暑いので日焼けします。
暑いといっても風通しはよいので湿度は本土に比べて低いので、汗はそんなにかきませんでした。

途切れない沿道の応援、私設エイドによるもてなし、沖縄という場所で走るということ。

とにかく楽しくて、また走りたいと思わせる、そんな大会でした。


あなたも走りに行きませんか。

だって「牛」だって走ってるんだもん。

牛ランナー

しかも、この牛、ゴール手前3kmで俺をブチ抜いていきやがった(笑)

牛のくせに…
 
 
NAHAマラソンにはANAのNAHAマラソンツアーで行きました!
沖縄への旅 








ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ はてなブックマーク - NAHAマラソン 2008
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。