掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年12月02日

何をいまさらリセッション宣言

HOME経済 > この記事

シナリオ通りっぽい。

米株は急反落、世界経済悪化への懸念高まる

既に明らかなリセッションだったのに、リセッション(景気後退)入り宣言をこれまでしなかったのは、ドル暴落を防ぐため。

雇用統計などいろいろな指数発表がなされる今週のこの局面で宣言するということは、つまりドル暴落容認。

一説によると、アメリカ政府の借金は5500兆円とのことで、もうどうしようもない状況にまで陥っている。
赤字国債を発行して世界各国に買ってもらうしかないわけだけど、ドル暴落局面において、はたして買い手がつくかどうか。

となると考えられるのは、さらにドルを暴落させて対外貨の価値を現在の半分以下にまで落として、総負債額を減少させること。その上でデフォルト(債務不履行)宣言をして、借金をチャラにすべく新通貨発行などあらゆる手段を取り、デフレを起こすか。
または、ドル紙幣を増刷してハイパーインフレを発生させるか。


来年1月中旬のオバマ政権誕生後に要注目。

「Yes, we can.」の意味はこれだったのだと知ることになるのかも。



というわけで、ドルは早目に手仕舞い手仕舞い。


なぜ、アメリカ経済は崩壊に向かうのか―信用バブルという怪物
チャールズ・R. モリス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 6203
おすすめ度の平均: 5.0
5 魔法の代償
5 いま起こっている現象を知る
5 墓穴を掘った市場万能主義
4 2008年4月1日付けの英語版レヴューへのコピーです
5 表紙を目を細めてみると!!


 
 






ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 はてなブックマーク - 何をいまさらリセッション宣言
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。