掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年11月23日

Webbot予言版 ALTA909

HOME経済 > この記事

予言なんざ、ノストラダムスといっしょで当てにならんものとタカをくくっているけど、最近の経済情勢を見るにつけ、こういうのを読むと怖いよなぁ〜

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ 番外編5 WebBot予言最新版 ALTA909について

要約:
・2009年1月中旬にドルは紙屑同然となり基軸通貨でなくなる。
・ドルが支払通貨として流通できなくなる。
・各国がブッシュ他、米国の元閣僚および米国民の責任追及をはじめる。
・2008年12月にデリバディブ(金融派生商品)が崩壊する。
・全米においてクレジットカードのシステムが機能不全となる。
・米国の地方は自給自足型の経済へ移行する動きが出る。
・ドルが無価値となったため、米軍が維持できなくなり、イラク、アフガニスタンから米国が一気に撤退する。
・ブッシュの責任追及の動きは激しくなり、責任追及を避ける動きとして、多くの政府高官がブッシュ政権の内部告発者となり、多くの事柄が白日のもとに晒される。
・そして、「2009年地獄の夏」の反乱へ。
   


興味深く、そして怖いのが、記事やコメント中にもあるように、何が起きているかが暴露されること。
そして予言についての憶測。

・911テロの米国自作自演説。
・エイリアンとの接触と、エイリアンからの技術供与。
・米軍のイラク撤退前にイスラエルがイランに攻撃を仕掛け、結果として核兵器使用、第三次世界大戦へ。


まさに今まで人類が経験したことのないことを経験することになるのかも知れない。


でも、このブログ主、この予言で有料勉強会を開催しているのはいったい…
おいおい^^


ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ
ジョージ・ソロス 松藤 民輔 (解説)
講談社
売り上げランキング: 155
おすすめ度の平均: 4.5
4 ★相場に対する歴史認識に気付かせてくれる一冊
4 破綻するのは当たり前
4 投資家の心行き
5 今一体何が起こっているのか?・・・金融経済の初心者にも納得
5 ソロスの精緻な警告



 
 





ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 はてなブックマーク - Webbot予言版 ALTA909
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。