掲載している記事、イラスト、画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
Copyright (C) レビュログ☆リターンズ All rights reserved.  ゆっくりしていってね!!!(免責事項)



2008年11月20日

Macは電源ボタンを押す、Windowsはスタートボタンを押してシャットダウンさせる

HOMEパソコン > この記事



先日購入したMacBookはサブマシンとして主にiPhoneネイティブアプリケーション開発用に使用している。

十数年前にはじめて所有したPCがApple Machintosh ColorClassicUというモデルだったので、OSが当時から比べて進歩したとしても、Macのインタフェースはほぼ変わらないので使いにくいということはない。

むしろWindowsよりも快適だ。
操作は洗練されているといっていい。
多くのクリエイター達に支持されている理由は、Macが登場して以来、一貫して直観的な操作が行えることを継続していることだ。


そして、何気なくキーボードを打っていて、改めて気づいたことがある。

シャットダウン(電源OFF)操作についてだ。

Macのシャットダウン操作は、
・電源ボタンを押すと、スリープ(Windowsで言うところの休止)、シャットダウン、再起動のダイアログ画面が表示されて、シャットダウンを選択する。
・画面上に常に表示されているAppleメニューからシャットダウン操作を行う。
・MacBookの場合は、液晶画面を閉じると自動的にスリープ状態になる。

Windowsの場合は、
・Windowsロゴマークの付いたスタートボタンを押して"スタート"メニューを表示し、シャットダウン、スタンバイ、休止、ログオフ、再起動を選択する。
・画面上の"スタート"メニューをクリックしてシャットダウンを選択する。


スタートボタン?
PCを終了させるのに「スタート」とはこれ如何に?

この場合のスタートとは、シャットダウンさせる動作を"開始(スタート)"させるために「スタート」ボタンを押すという意味なのか。穿った見方だが、改めて考えると違和感を感じる。


MicrosoftのWindows3.1は当時のMacのOSのグラフィカルインタフェースをパクったが、Windows以前のOSであるMS-DOSを引きずっていたので、中途半端な出来であった。
現在のWindowsはMS-DOSを意識させないOSとなっているが、MS-DOSのコマンドも動く。
そして、この"スタート"メニューは、MacのAppleメニューをパクったものだった。

Microsoftは他メーカーの製品のよいところを次々と模倣して巨人となったが、そんな時代は終焉を迎えた。

それはMacがシェアを延ばしてきていることや、インターネット分野ではGoogleなどに大きく収益差をつけられ、クラウドコンピューティングが拡がりを見せていることからも、うかがい知ることができる。
 
 


タグ:apple Mac Windows



ブックマークに登録 >> ブックマークに追加する
posted by しん at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン はてなブックマーク - Macは電源ボタンを押す、Windowsはスタートボタンを押してシャットダウンさせる
"応援ポチッ"などの意味のないコメント、宣伝、SEO目的と類推されるコメントは削除します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。